4gold-catch

4-634がGOLDとして復活。もちろんパワーアップして

初代の634(Rokxashi)の「4」番はもう終売してしまいましたが、このたび「4-634 GOLD」として復活しました(させました)

4gold-catch

6と3は持ってるけど「4」がない…ここまできたら揃えたいんだが…なんという変態ダイナミッカーの声が地味にあったのでちょこちょこ試行錯誤してました。

そしていいものが出来上がったので終売になったノーマル「4」にかわり「4 GOLD」としてラインナップに加えます。

詳しくはこちら→ 634ears  【4-634 GOLD】http://634ears.com/product/4-634-gold/

 

ここでは少し細かいところ書いてみるかな…

・筐体

ノーマルの4はアルミでしたが、今回は銅(正確には銅メインの合金)。
6-GOLDの筐体と外見は同じだが、カナル側の筐体フロントが違う。そのままだと6っぽい音になるから、中低域のモッサリ具合を出すために筐体内部を加工してます

それがビンゴ!いい感じにモッサリ中低域でてくれた。空間の容量もだがカナルの出口までどのように音を導くかの形も重要なのだ。
ココラ変はプレゼンでもして1時間くらい語りたい…だれも興味ねーかw

・音

ベースとなるドライバは同じだが、ドライバに加工を施している。ノーマル4とは違う素材で。これで柔らかく地味だった音もすこし明瞭でスパイシーになった
ウォームになりすぎず高域にはシャープな要素とカッチリとした音が加わった印象。

女性ボーカルは相変わらず得意ではないが、それよりすこし低めの男性ボーカルは太くていい声だす。金物の鳴りも前より艶っぽく明るい音になったのではないだろうか。

低音はもちろん634earsなので出てますよ。出さなけりゃ私の音じゃない。

音的に1番違いのは4Wですが、それよりもう少し艶っぽいと思います。明瞭さもGOLDのほうがある。低域もムチッとしてるだろう

ただし、ノーマル4-634より音がよくなったのか?といわればそれは違うと答えときます。場合によってはノーマル4のほうが好きな人もいるし、合う曲もある。
音色の違う兄弟機みたいなもんです。

4-gold-view

すこし前のプロトタイプ販売でペコペコを出したが、アレは音がかなり太い。4Bくらいの鉛筆で書いたみたいに濃い。
これは2Bくらいだ。…濃いねw
細く繊細なタイプではないので、そこはご注意を。そういうのを望む人はBA型でも買っといたほうがいい。

最近、いいと言われるイヤホンのようなカッチリ高解像度で、他の帯域に被らないタイトな低音とか明瞭な女性ボーカルとかはない。
そんなものは他で替えがきく。つまらん。

ムチムチファットで太く濃いパワーある音こそダイナミック型の真骨頂だべ。
ボーカルにあわせてボリュームあげれば、自然と低音も上がってノレる。音量は上げ目で頼みます。

DAPに直挿しでイヤホンさしてポケットでも突っ込んでカラダを上下に揺らそうぜ♪クラブいったみてーに。

 

気になる人はサイトをチェックしてみてください。変態ダイナミッカー募集してます。

詳しくはこちら→ 634ears  【4-634 GOLD】http://634ears.com/product/4-634-gold/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP