ペコペコシリーズ2つ目「PEKO-634」が完成

ペコペコシリーズのもう1つ。というかコッチが本命かもしれない。「PEKO-634」こっちはノーマルです。
私はカタチが独楽みたいなので「KOMA」と勝手に名付けてますが、特にモデル名にはつけてないです。

wpid-img_20151018_112925.jpg

 

これはドライバの前の筐体の形状をペコペコドライバにあわせて加工してもらいました。
空間を広くとり、ドライバから距離き、カナルへ向かってかなり鋭いすり鉢状になっています。

これにより、前に紹介したペコペコタージマハルよりも空間的な鳴り方をします。
またドライバの配置の仕方もタージマハルと変えているので、音も変わっています。よりストレートな音に近づいた感じだけど、もともとの音が図太くダイナミックで癖が強いのであくまで比較してということで。

中低域の独特のモコモコ具合と濃厚な太い音ながらも、ペコペコタージマハルほど荒々しくない印象です。
逆にタージマハルのほうが音が近く迫力で迫る感じとアルミ筐体らしい音は勝っています。癖が強いのはタージマハルでしょうか…

また別記事で比較について記載したいと思います。

 

peco-coming

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP