peko-catch

新ラインナップ「PEKO-634」比較も含めて紹介

前回、前々回のブログ記事で紹介したペコペコシリーズの2機種とオーダーについてのご案内。

peko-catch

《ぺコペコシリーズの特徴》

前にも紹介しましたが、ドライバがペコペコ(ベコベコ?いやパコパコ?)と装着時に音がします。そういうイヤホンたまにあると思いますが、想像以上にペコペコします。
本来はドライバの配置やドライバ前の空間にポートを設けたり、背面に逃がしたり…などでペコペコしないようにするのが通常の使い方だと思われますが、あえてペコペコする状態で音をチューニングして、「濃い」「太い」「力強い」「癖強い」というダイナミック型らしいパワフルなサウンドを奏でるイヤホンに仕上げたのがこのペコペコシリーズです。

最初は「ん?やたらペコペコするな…これはないな。ボツだ…」と思っていましたが、色々試行錯誤しているうちに「こいつペコペコするかわりにすげぇ癖になる音だしやがる…わぉ!」と虜になってしまいました。

ペコペコするのはデメリットと感じていましたが、使っているうちにあることに気づきました。「ペッ」「ッコ」という音がしっかりなるのを確認するとそれはイヤホンと耳がしっかり密閉されていることになります。このイヤホンは音がしっかり「ペコッ」となったら準備OKということです
※ただし左右の耳の形が極端に違う型などは左右でペコペコ具合が変わる場合があります。どうしても合わないという人は購入後に別のものに交換返金しますね。

【PEKO-634】

peco-coming

ペコペコの代表作。ペコペコシリーズは基本的にどれも「634」のナンバーがつく。これは6のアタック、3のボーカル、4のライブ感ある雰囲気が少しずつ含まれているから。PEKO-634はそのスタンダードなモデル。

グッと前にでてくるボーカルと適度にモヤモヤした中低域、派手で色づけされた音、ブーミーな低音、カッチリしない音像(笑)…人によってはモワモワと籠って聴いてられないって人もいるだろうけど、私はこれが癖になってしまってタマラナイ!

スタンダードな「PEKO-634」はそれでも、かなりノーマルな方向へ音を寄せています。下のタージマハルより空間がすこし広く粗さが抑えられています。

筐体は下記のタイプ

wpid-img_20151018_112925.jpg

 

【PEKO-634 Taj Mahal(タージマハル)】

peko-coming

ペコペコのプロトタイプから改良を加えたもの。プロトタイプ販売のときと大きな変化はない。
ノーマルなPEKO-634と比較すると、Taj Mahal(タージマハル)のほうが音が荒々しくワイルドでドンシャリ。音も近く迫力とパワーで迫るタイプ。
こちらのほうが音が粗くザラつくが、解像度が劣るとかそういうのではなく、聴いているとこれがタージマハルの特徴だと理解できる。
ただドンシャリな分、中低域から中域はこちらのほうが少しだけスッキリ(あくまで比較して)しているので、逆に音がクリアには聞こえるかもしれない(粗いけど)。

筐体の背面が宮殿の屋根のようにとんがっているのでダサいけど(笑)、そのぶん装着のときにペコペコを適切な位置に調整しやすい。

wpid-img_20151020_183326.jpg

 

このタージマハルに関しては「ゴールド(銅合金)筐体」でも製作可能です。音はすこし変わりますが。希望する人だけ受け付けますね。

 

《オーダーについて》

オーダーは近日?適当にはじめます。今回は部品が内部に加工施してもらった特注品なので完全受注生産にします
オーダー後、部品を発注し、手元に届いてから製作、その後発送となりますので、1ヶ月から1ヶ月半程度かかるかもしれません。
その間、もし部品が早く手に入るなどできれば少しでも早く製作し発送します。

m34-16

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP