peko-down

ペコペコ販売開始 & 自分で聴いてみる(笑)

ペコペコイヤホン「PEKO-634」が販売開始です。気になる方はチェックしてみてください。

peko-catch

今回は2機種【PEKO-634】と【PEKO-634 Taj Mahal(タージマハル)】に加え、それぞれゴールド筐体も可能です。

また、プロトタイプをお持ちの方は5000円にて正式版へアップグレードもしております

→詳しくは 634earsのペコペコページにて

そんなわけで試聴は基本的に行っていないので、いつも通り私がじっくり聴いてみました。他の機種との比較も。

 

《自分で作って自分で聴いてレビューするという意味不明なことをしてみる》

まずどちらの機種にも共通して言えるのは「音が濃い」 音の線が太く輪郭がカチッとしていない。太いマジックペンや濃い鉛筆(4Bとか)や、クレヨンで輪郭を描いたような音。 そのうえ音のメリハリが強くパワーがある。

中低域(低域と中域の間あたり)を他のイヤホンに比べて盛っているチューニングなので、モヤッとしている印象をうけますが、これは故意にしています。この部分が出ているのが物凄く好みなんです。それに加えて低域も最低域を出すようにしているので、中低域とあわせて余計にモワモワしている。

高解像度でボーカルに他の帯域が被らずスッキリなんていう優等生なサウンドとは真逆をいくようなレトロで古臭い音に仕上がっている。もちろん原音忠実なんてのも一切気にして作ってない。

今回のペコペコシリーズは、楽しく力強く、カラダが動き出すようなダイナミックらしさを他の634earsの機種とは違ったカタチで再現してみたつもりです。

 

《2機種の比較》

PEKO-634のほうがタージマハルよりも標準的です。逆にタージマハルは音がワイルドで迫力系、シャリシャリとアルミ筐体らしい粗いパシャパシャした音がします。 ノーマルPEKOはタージマハルよりも全体の空間はすこしだけ広いけれど、低音が作る土台のような広さはタージマハルのほうがあります。

このどちらかで頻繁に使っているのは私の場合はノーマルPEKOですが、激しいファンクなど刺激的に聴きたい曲はタージマハルを使っています。

プロトタイプのタージマハルとの違いは、音の荒々しさが少し落ち着いたかなというところです。音のまとまりもよくなってます。

ゴールド筐体は自分用に作りましたが、音が全体的にマイルドになる傾向にあります。シャリつきが抑えられるぶん音が滑らかなので高域が大人しくてもいいという人はこっちのほうが好きという場合もあるかも。

《他の634earsと比較して》

PEKO-634は6と3と4の特徴を少しずつ取り入れています。

6よりアタックは弱いが最低域は出ている。3ほどボーカルは前にでないが、4より出てくる。中低域は4よりもっと出てモワッてる。

6になかった中域の濃さがあり、3になかった低域と高域があり、4になかった刺激がある。こんな感じでしょうか。

この中で1番近いのは「4」の系統です。ですが4よりもっと濃い。
逆にペコペコを聴いてもう少し聴き疲れしないタイプだったり、オールマイティーに聴きたいという人は「4-GOLD」などは好みだと思います。

 

音に関する質問やイヤホンに関することも何でも聴いてくださいませ。
→ 質問などは「コンタクト」ページよりどうぞ

peko-down

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP