wpid-img_20151107_130405.jpg

久しぶりに自作らしく試行錯誤「634専用PEKO」

ちょっと注文の製作に手間取っていましたが、久しぶりに時間があったので遊び感覚でイヤホン作ってみました。

今受注を受けているPEKOを、フロント筐体にウッド、ボディにステンレス、背面をアルミという感じで作ってみました。
本当はフルウッドで作るつもりでしたが、なんとなくステンレスパイプがあったので使ってみたいなと。

wpid-img_20151107_130405.jpg

ステンレスパイプを自分でカットして、ケーブルの穴をあけたのですが、ステンレス硬い…
フロントのウッド筐体は634earsのウッドシリーズのものを使いましたが、そのままじゃPEKOドライバは大きくて入らないので加工。
なかなか大変でした。

今回やってみたかったのは、
・フロントをウッドにすることで音が大人しくなったりぼやけたりしないか?
 ・背面のボディ部分を大きく空間をとることでの変化とステンレス素材

の2つです。

フロントをウッドにすることでの音のボヤケ等はなかったです。逆に抜けが良い感じがする。また加工しやすいので音の変化がつけやすいですね。

背面の空間はJAPAEARのイヤホンのように大きく空間を取ってみましたが、「タンッ」という広い響き方がかなりでます。

既にラインナップにあるPEKOのノーマルとタージマハルの2種と比べると、音が太く鈍い感じはしますが、ボーカルが1番明瞭でいて音が近いのに空間が広く感じます。かなり好み。

たまには、こういう自分用に遊ぶのも面白い。これぞ自作という感じ。
ステンレスをカットして穴をあけて切り口を削って磨いて、木材を削って…と自作っぽいことをしたなぁ…と感じました。

 

《余談》

これも実は開発のテストだったりして、今は筐体を国内でオリジナルを作れないかということを色々してます。
まだ未定なんですが、筐体をフロント・ボディ・背面の3つに分け、ドライバを含め自由にチョイスできるようにしたら面白いのではないか?と思っているからです。国内での加工は価格が高い…実現するかどうかすら微妙なラインなんですが、通常のケーブル下だしタイプと耳掛けタイプの両方が作れたら最高だなと思ってます。

そのなかで是非とも使いたいのがアルミや真鍮・銅だけじゃなく、ステンレス。既にドライバの改造にステンレス部品を使っているラインナップもありかなりいい感じなので、筐体もそれで作りたいんですよね。

まぁ、資金と時間がかかりそうなので、じっくり進めていきます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP