問い合わせでよくある質問に答える

自作に関してやイヤホン作って!てきな質問とか問い合わせとかよくあるのだが、面倒なのでここに書いときます。

 

【イヤホン安く作れませんか?てきなやつ】

無理です。自分は筐体もオリジナルで加工してもらっているので凄くお金かかります。中国で安く売っている筐体にドライバいれてちょっと音を調整したような自作イヤホンは別で買ってください。私はソレはしません。それやったら中華イヤホンと一緒じゃん。

安い筐体とドライバ使えば5000円以下でコスパの凄くいいイヤホンはできます。ただ、イヤホンという既に出来ている市場で何かを売るという行為をしている以上、流用した筐体やドライバを使ってその行為をすることは自分は失礼だと思いますのでしません。他人の土俵で勝負するのに失礼なことはできません。

何から何まで自分で開発するのはワタシも無理です。ドライバなどは既存の手に入れやすいものを使っていますが、そのまま使うことはせずバラして改造して使ったりしますし、今のラインナップに入っている筐体もワタシの好む音になるように既存のものにオリジナルで加工を施してもらってます。筐体1つの値段に加えて筐体1種につきものすごく高額のお金がかかってます。

部品等を安く押さえれば儲けはでるでしょうけど、別にそのためにやっているわけではなく、「ワタシが欲しいイヤホンを作る」というためにやっていて、別に「オレの音を聴いてくれ!」と誰かに買ってもらったり聴いてもらいたいのではありません。私1人が楽しめればそれでいいです。

ただ、望んで欲しいという人がいれば一緒に作れば数が多くなるほど1つ1つは安く作れるし、加工業者も1つではやってくれないことも数が多いとやってくれます。なので「販売」とう形で望む人を募ってワタシのものと一緒に作っているだけです。

自作erにも目的が必要だと思います。他の方が何も目的で売っているのか?私は知りません。 私は少なくとも最低限のルールを守ってやっているので小遣稼ぎでやっている人とは一緒にされたくないです。なので安いコスパのいいイヤホンなんて絶対に作らないのでそういう人は別で購入してください。

 

【ケーブル着脱】

基本的にするつもりはありません。私が必要と感じてないからです。
いままでケーブル着脱モデルでいいと思ったことも特に無く。ケーブル変えてイコライザのように音を変えて楽しむのは私はしないので。
リケーブルで楽しむ人はそういうモデルを別で買ったほうがいいと思います。

 

【もっと別のタイプの音は? 高域寄りなど】

高域の抜けがいいとか、薄っぺらい声でスーッと伸びるような音楽は私は聴かないので、そういうモデルは作らないです。
オーディオオタクをターゲットにしているようなアニソンも声優の歌う歌も聴かないし、ハイレゾ音源で売っている誰だよ?って人の音楽も聴きませんし、J-POPも聴きません。
洋楽を中心にソウルやR&B,ジャズやファンク・ラテンといった部類の音楽を聴くので、それ以外の音楽での相性は知りません。

 

【m34さんが1番オススメのモデルは?】

私が1番好きなのは「4GOLD」と「PEKOシリーズ」です。この2つがあれば自分で他のモデルを作っておきながら他はいらないとまで思ってます。

ただし、6系はボーカルが引っ込んだドンシャリだけどダイナミックらしい音圧とアタックを感じてダイナミックらしさ?を思い出す機種にはなるかなと思うし、3系はボーカルに特化しすぎている感じだけど楽器と音数の少ないアコースティック音源ではたまに使ったりもします。

PEKOは装着時にペコッと音がするので万人にオススメできるものではないですが、私が再現したい音にもっとも近いと思います。低音の強さだけでないグルーブ感や空気感はPEKOと4GOLDが個人的に1番再現できていると思います。

 

【耳掛けモデルは?】

昔カスタムを使っていた頃は耳掛けはケーブルノイズとかないしいいなと思っていましたが、見た目的にケーブル下だしのほうがクールでカッコいいと思っていて、耳掛けしてカスタムしているのとかオタクっぽくて嫌だと思っているので、あまり作らないと思います。ただ、たまに移動しながらイヤホン聴くとやっぱり耳掛けもたまーーーーにはいいかな?と思えることもあるので、今テスト的に1種だけ筐体を作ってもらっています。

 

【カスタムは作らないの?】

作りません。今のところカスタムにする利点が見当たらないので。ダイナミック型は筐体の素材、筐体の前と後ろそれぞれの形状と体積、ストレートな音導、音導までの距離…などの要素がとても重要です。樹脂で作るカスタムはそもそも論外だし、カスタムにしても音導がまがり音が減衰するのと、耳穴内の体積が小さくなり音に関していいと思えることがありません。なので作らないと思います。

耳穴が特殊な形状でイヤピが合わない人や、イヤピのゴムなどに不快感やアレルギー反応だったり、普通のイヤホンが使えない人が使うのがカスタムだと思っているので、私には必要なく、そのために作りません。

カスタムIEMってそもそもアーティストがステージで使ってたものでしょ?遮音性や激しい動きでもフィットする形状…それを無理やりオーディオ用にしても値段が高くて音がいいと感じる錯覚はあるかもしれませんが、私にはオーディオオタクの自己満足のためのものとしか捉えられなくなりました。

今使うものもMG6PROというダイナミック1発のカスタムIEMくらいで、他はどこかゴミのようにしまいこんで使ってませんが、MG6PROですら音は大したことないと思います。

 

————————————————————

以上。

 

基本的に私が欲しいと思うものしか作らないし、別に売れて欲しいとか聴いてほしいとか思ってるわけじゃない本当に私個人の自己満足でやっているのでそこら辺は共感・理解いただける方だけ一緒に楽しめればいいと思います。

ただ、自作とはいえお金もかかっているし、販売もするわけだから最低限の部分は押さえてやりたいので今のような形態をとっています。

他に質問などあれば634earsの「contact」からお願いします。

では!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP