peko-gold

PEKO-GOLDを聴いてみて

PEKOシリーズを販売するにあたりGOLDの銅合金筐体を作ってみましたが、コレは音に関してはどうなるか未知数のまま受注という感じでした。
実際に作って聴いてみて、アルミ削り出し筐体のPEKOとどう違うか少し印象を記しておきたいと思います。

peko-gold

PEKO-634(ノーマル)、PEKO-634 Taj Mahal(タージマハル)の2種ともにGOLDは、ドライバとドライバの音だしの加工、筐体前面と背面の処理などすべて同じで筐体のみの違いということで作成しました。

どちらにも共通していえるのは、音が太い音に重みがある ということ。
特に中低音に重みと厚みのある「強い音」が感じられます

逆に高域に関しては音の鋭さやアタックが少し抑えられている印象でした

音以外では、筐体がとにかく重い。イヤーピースなどによっては耳からポロリするかも。
また銅なのでイヤピ部分が錆びやすいですね。細かい部分はブラシで掃除したりして、金属磨きの布を付属しているのでそれで磨いてあげるとまたピカピカになります。購入された方で自分で出来そうにない方は送ってもらえばピカピカにしますよ。

またGOLDは筐体の重みに耐えられるようにケーブルも少し太いものになっています。ノーマルで使うケーブルより少し癖がつきやすい気もします。

GOLDはもともと筐体の数をあまり作りませんでした。残り僅かですが、このまま販売終了にするか再発注をかけるかは状況をみて決めたいと思います。

 

《余談》
今はこのPEKOをあまりペコペコさせないタイプで、ドライバ前から抜いて、さらにドライバの中心の穴を拡張したモノを試行錯誤しています。自分の作るイヤホンはあまり筐体の前部分に音抜けの穴がありませんが、今回は音抜けを少し意識しつつ低音を減少させない(通常は前に穴をあけると低音が抜ける)ものをテストしています。製品化するかどうかはわかりませんが、うまくいけばもう1種類PEKOが増えるかもしれません。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP