PEKO-634 WOOD製作

634WOODが販売終了となった残骸…いや余った筐体はすべてPEKOにしようと独り言いってましたが、実際にPEKOウッドやってみました。

あとで詳しく書きますが、とりあえずいい感じなので数量がかなり限られますがご希望の方はお作りします。
数量の関係で正規ラインナップには入れれないので試作機(プロトタイプ)として受け付けますね。

試作機(プロトタイプ)ページはコチラ → 634ears 試作機(プロトタイプ)ページ
申込みページはコチラ
 → 試作機PEKO-634WOOD

peko-w

【筐体】

フルウッド。素材は「黒檀」と「ローズウッド」。
今回は仕上げにニスなどのコーティングはせず磨いてワックスで仕上げます。木材そのままな感じです。

黒檀はかなり色が黒く木目が目立ちませんが、赤茶色のローズウッドは木目が目立ち筐体の前と後ろのつなぎ目の木目が完全には合いません。

 

【音の印象】

もともと634WOODが634をマイルドに聴きやすくした感じにしたかったので、筐体の前部分の形状がかなり特殊でカナル部分にむかってキツい角度ですり鉢状になってます。その筐体をそのまま使うのでPEKOもマイルドな音の傾向になります。

GOLDのように音が重く低音に寄るなどではなく、ウッドの場合はアタックが高域・低域ともに抑えられ全体的に柔らかいです。その分中域は3-634WOODのようなアコースティックな感じに合う印象を受けます。

より攻撃力の高いメリハリのあるシャキッとした音ならば間違いなく金属筐体のPEKOのほうがいいのです。ウッドはPEKOに足りない聴きやすさがある感じでしょうか。

————————————————————

数量に限りがあるので興味ある方はお早めに。私も1つ確保…(笑)

m34-17

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP