新モデル「7-634」

新モデル「7-634」のご紹介

7-634

今まで新しいドライバというのはなるべく使わずに少ない種類のドライバを改造するなどして使用していましたが(在庫を持たない、故障に対応しやすいなどの利点も含め)、定番ラインアップ廃止に伴い特にその点にこだわることなく使用できるようになったため、今まで使ってなかった新しいドライバを採用しました。

実は1年くらい前からこのドライバに興味を持ちいろいろ弄ってはいました。その過程でできたのが昔プロトタイプで少量作成した「PT-3」です。このPT-3の時点では本ラインナップに入れるには「不採用」だったのですが、あれからテストと改良を重ねて悪くないと思ったので今回使うことにしました。

wpid-bmbsxlwdu-p.jpg

 

筐体はアルミのシルバー色のみです。木材はいろいろあるのでご相談ください。定番の エボニー、ローズウッド、ウォルナット、メープル、チーク、ケヤキ、などに加えて少量ですが特殊系もございます。写真はメープルのコート、オイルなし磨き仕上げです。

筐体のメッシュに通常のものと違うアルミ板に穴をあけたようなメッシュを採用しています。また背面の穴をドライバの後ろ正面に配置せず、そこにはアルミの金属板を一番後ろの背面にだけ施しています(内側に設置しているので外側は木材です)、代わりに背面ポートを筐体の上部に設置しています。
このモデルは1S-634と同じく背面の木材の種類による影響を受けにくい構造になっています。あまり気にせず見た目で選んでも大丈夫かなという感じです。

 

wpid-bmbsg_yja4n.jpg

 

音質はわかり易く言えば「迫力系」です。 ですが、荒々しい感じではなく粒が細かく繊細でもあります。

音場や空間の広さよりも音の近い迫力のある傾向の音で、どの帯域もエネルギッシュです。同じ元気系?のPEKOなどと系統的には近いですが、PEKOとの大きな違いは空間でしょうか。PEKOが低音の出引のはやさから球体のような低域の広がり方と弾力があるのにくらべ、これは広がりよりも押し出しという感じです。低域の強さや量は同じくらいですが。またPEKOより高域のピークはないがキラキラした音色で刺激的です。キラキラというより「シャンシャン♪」とした鳴りといったほうが近いかもしれません。

その特徴の分、上下左右(特に左右)はそれほど広がらず、中心(真正面)からストレートにくるので、そこら辺がメリットにもデメリットにもなる印象でしょうか。

なーんとなくですが、5S-634をグッと中心に寄せて荒々しさをとったような感じがしますね。

完全に今までと少し違うタイプなので「7」の新しいナンバーを付けました。

————————————————————

価格は 25000円/個
※ PT-3をお持ちの方は ドライバのみ再利用し 7-634 に作り替え(アップグレード)が可能です。その場合の料金は 10000円/個 となります。

数量は 今回は以前のような受注製作なので特に設けていませんが、20~30程度でいったん締め切ります。その後は個別オーダーメイドで製作できればするかな?という感じです(部品やドライバがあるかわからないので)

納期は オーダー確定から 約1ヵ月~1ヵ月半程度(部品調達の納期次第では伸びることも縮むこともあります)

オーダーは本日より
→ 634ears 商品ページ「7-634

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP