wpid-img_-ihmrfw.jpg

各モデルの特徴を整理

モデル数が多くなってきたので整理してみよう…自分でもわからんくなってきたので。

・1-634(旧PEKO)

1-634-catch

大味の濃く太いダイナミック。繊細さよりも迫力や刺激といった面白い部分を強調したモデル。低音の広がり方は少し特徴的。
旧PEKOはより音が太く、1-634は少し音をカッチリ。

・2-634 は未完

・3-634 は未完

未完ですが3-634からのアップグレード(単純にケーブルと木製の筐体へチェンジ)依頼は来ているのでそのうち、何かできるかもしれない。基本的にアコースティックやボーカルにピントを合わせたもの。

・4-634

4-634-catch

中低域を中心とした私なりのダイナミック型のスタンダード。低音は量が多く迫力系ながらも音の距離感などがちょうどよく音を把握しやすい。グッと力の入った音はTHEダイナミック型という音かと思います。一番のお気に入りです。(4OPなどは少し音が違います)

・5-634

5s-634-catch

元気系。どの帯域もそこそこにでて派手目でわかり易いキャッチーな音。

・6-634

6sg-634-catch

低音に特徴がある。圧縮して出すような芯のある音。ピークは少し強めでアタックも強い。ボーカルは少し距離があり得意ではない。

・7-634

7-634

迫力系だが1-634(PEKO)のように音が太すぎず、中高域は繊細。音がかなり近く音場も狭めだが5-634のようなキャッチーさもさるのでパワフルに音楽を聴くには向いている。

・8-634

8-634

高域もしっかりだした繊細・なめらか系ダイナミック。個人的には4-634や7-634あたりとセットで持ち歩きたい機種。耳かけと下出しの両方で装着できるのも特徴。

————————————————————

現時点ではこんな感じです。ここにないものでも旧モデル(プロト含む)からのアップグレードや一部部品等を流用した作り替えなどは個別に対応してますので、一度お問合せいただければ何かしらの案を出してみます。

今オーダーできるものはすべてではないですが、旧モデルべースでなら作れるものも多いので、そこらへんもご相談いただければ。

お問い合わせやオーダーはサイトにて → 634ears

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP