wpid-imgp1223_1.jpg

作例)4OP-634RW,EB

4-634の耳かけ用として作った4OP-634RP(リオグランデパリサンダー)の別木材バージョン。

木材はRW(ローズウッド)ともう1つはテスト的に作成したEB(エボニー)
ローズウッドはサントスローズウッドというマメ科のもの。だいぶ硬いです。

wpid-imgp1223_1.jpg

上のものがローズウッド。通常のローズウッドより木目が細かく表面は比較すると滑らかなほうです。

wpid-imgp1221_1.jpg

 

こちらはエボニー(黒檀)。木目の割れ目が消えなかったのでローズウッドより角を削っています。
こちらは筐体もブラックです。渋いですね。

音はRP(リオグランデパリサンダー)のときと同じく、4-634をさらに無味にしたような(いい意味でも悪い意味でもw)感じですね。筐体がPEKOっぽくかなり深いドーム状に最初から加工されているので低域がモワッってます。ただし背面の金属部分や木材部分がなくオープンになっているため刺激的な部分が抑えられています。ここら辺は好みでしょうな。

私は4G-634のほうが圧倒的にすきですが、たしかに4Gだと結構きついんすよね。濃さが。こっちのほうが明瞭さに欠けるくせに聞きやすい気がする。

耳かけができるのでそこらへんはメリットですね。

先日の8-634も同じような耳かけ筐体ですが、全然違います。この4OP-634は金属部分も木材部分も大きくて装着感は明らかに8-634のほうがいいです。ケーブル根元のブーツも8は斜めですが、こちらはケーブルや筐体の長さの都合でまっすぐ出ています。

ただし8-634はドライバも筐体も大きくないのであの形が可能であり、4やPEKOではあれと同じ形にはできない。今回はテスト的に作ったもので見た目のユーモアさなど面白い部分もありますが、いずれ8-634のような両方装着しやすいようなコンパクトで耳の形に合うものに変更したいところです。

耳かけと下出しが両方可能だったら、使う人に装着方法をゆだねられるからいいよなぁ。私のような下出しでしかつかわないような人にも。最近は強制的に耳かけ前提のものも多いので。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP