作例)新ドライバ&木材テスト機 ?-634 ブラック&ホワイトエボニー

木材のテストと自分用に新ドライバで製作してみました。新しいドライバを複数仕入れたのでいろいろ試している最中です。製品化するかはわかりませんが…

wpid-img_20161207_222310.jpg

 

木材にはかなりレアな木材であるブラックアンドホワイトエボニーを使用してみました。黒檀のように硬いですが質感が黒檀のようにカッチリしている感じではなく少し弾力のある感じです。シットリしている。触り心地も木の削りかすの感じもしっとり。

wpid-img_20161205_211802.jpg

 

背面には金属メッシュではなく、金属板に小さなパンチ穴をあけたものを使用。
しかし、変わった木材ですな。模様がとにかく不規則でかっこいい。ものすごく気に入りました。加工はかなり困難ですがそれでも使いたくなる魅力がある。

新ドライバですが、4-634の音のバランスと音質に近いんですが、もっとハッキリしている。変にインパクトや艶や響きで勝負しない極めてスタンダードなダイナミック型らしい音がします。4よりボーカルは若干近く音のピントが合っている。逆に飾り気は少ない。かなりいいドライバ。

今はメインに4-634と8-634を使っています。それに7-634、5-634を絡めて使い分ける感じですが、この試作機は主力になるねぇ。それくらいいい。ただし4と比べたときに独特の癖が強い4-634のほうがいろいろ強い。だがよりスタンダードな音をだすのは今回の試作機。判断に困るやつがまた出てきた…

木材が気に入ったのでとりあえずしばらく使ってみます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP