wpid-img_20170106_171141_095.jpg

最近の木材の種類とレア材

木材の種類はオーダー後にその時点でチョイスできるものを選んでもらっています。種類は約10種くらいストックしてます。

中にはそのとき少量だけ入荷したレアなものもあったりなかったり…
ここ最近だと「屋久杉」「リグナムバイタ」「ブラックアンドホワイトエボニー」「花梨瘤」「デザートアイアンウッド」などがあったりします。イヤホンに使うのは少量の木材でいいのでそういうレアなものを今後も入手していこうと思っている感じです。

で、肝心なところですが選ぶ木材で結構音が違います。もちろん影響を受けにくいモデルもありますが、それでも違いがある。特にわかり易いのが響きと音の輪郭の部分。 例えばローズウッド系は比較的明るい音色で響きがのったり、黒檀なんかは低域に独特の芯のあるような暗い響き方とのっぺりしたような不思議な感覚があります。屋久杉なんかは見た目と同じく音も軽く軽快です。

見た目もあるので近いうちに作例などでサンプルの代わりになるようなものが出来ればと思っていますがなかなかに時間がない今日この頃です

【最近のレア材】

・皮(ノタ?)つきの木材

wpid-img_20170106_171141_095.jpg
ずっと探していて何本か手に入れたので、少量ですが早い者勝ちで今現在チョイスできます。
上の写真がその皮つきの木材の一部ですが、皮といっても一番外側の外皮部分ではなくその中の部分。この境目を削り取ってイヤホンの筐体にします。境目などはないので色が違うところでぱっくり割れてしまうというようなことはないです。
要するにツートンカラーになるということですね。音はまだやってないのでわかりませんが、基本はその木材と大差ないと思っておりますが…いかがなものか。

グラナディロやシャム柿、アフリカンブラックなどがございます。

・ブラックアンドホワイトエボニー

wpid-img_20161207_222310.jpg

 

見た目と強度と音の特徴と、それぞれでなかなか好印象だったので、今後オーダーされる方で希望があればまた仕入れます。
とても硬く、キメが細かく粘りというかシナリのある印象です。見た目がとても良い。希望される方はご連絡ください。

最初はあまりにレアなので2つしか作れませんでしたし、もう仕入れることはないかなと思っていましたが、あまりにいい感じなので私が欲しくなった感じです(笑) こういった個性的な模様も木材だと厳密には同じ木目の物はありません。そこが面白い。装飾やデザイン性の強いものほど被ってしまうと悲しくなってしまいますが、シンプルなものや天然のものはその点を気にしないでいいですね。
次に仕入れることがあれば、ブラックが多いのかホワイト部分が多いか、木目がどう入っているか、それはお楽しみです。

【木材の希望も受付てます】

こういう木材で作ってほしい、仕入れてほしいというのがあればご連絡ください。値段や入手難易度なども考慮しますが手に入るようであれば買って作ってみたいと思っています。あまりにレアなものはさすがに高価で使えないですがイヤホンだとその木材も少量でいいので何とかなるかもしれません。私が最近気になっているのは、スネークウッド、チューリップウッド、埋れ木などです。
音は作ってみないとわかりませんが、そこは未知数ということで…

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP