試作機5-634OP(チューニング違い)

5-634をリニューアルすることにしましたが、そのチューニング違いを製作しました。数量限定で試作機としてだします。
お客様からのご要望で5-634が少し音色がキツく、もう少し滑らかでマイルドにできればということでしたので、それで製作。
5-634からのアップグレードでケーブル、木材、チューニングを変更ということでオーダー頂きました。

wpid-img_20170214_193952_959.jpg

 

上の写真がそれ。背面はオープン。メッシュですが8-634よりも目が細かい100番のメッシュを使用しています。
上の作例では木材はボックスエルダーメイプルです。赤色が特徴。
ケーブルは新しいモノ、形状はリニューアルした5-634と同じく斜めにだして耳かけにも対応します。

この5-634のチューニング違いですが、聴いてみると個人的にはこちらのほうが好みで(私はキツい音が苦手なので)、5-634に2タイプあってもいいのかな?と思った次第です。背面がメッシュで8-634のようにキツさがなく聴きやすい。
もちろん好みなのでノーマルの5-634のほうが鋭さがあり色味が強く鮮やかです。こちらは布タイプのフィルターをドライバと筐体の間にかましているのと背面がメッシュなので粒感がたつ鮮やかな5-634とは違い滑らかでマイルド。

これを試作機として5-634OPを5台プロトタイプとして販売します。 オーダーいただいた方の感想などを受けてそのままか少し弄るなどして良ければチューニング違いの5-634OPとして正式にラインナップに加えたいと思います。

オーダーは今日から。数量は5つのみ。納期は約1か月。
価格は 14500円(税込)
もし旧タイプのケーブルでもいいという方がいらっしゃいましたら2000円割引しますのでオーダーの際にご連絡ください。
木材は選べます。特殊系でも特に特別なものは追加料金を1000円から2500円いただきます。

オーダーは下記より
→ 634ears オーダーページ 

ちなみに、プロトタイプ製品もアップグレードを後でできるので、音がイマイチなら購入後に追加料金でノーマルな5-634や別モデルに改良できます。アップグレードはおおよそ8000円から15000円です。チューニングだけ変更か、別モデルへドライバ変更か、木材やケーブルも変更かで値段がかわります。

————————————————————

年々キツい音が苦手になってきている…もう年かのぉ(笑)
今回のボックスエルダーメイプルはトネリコバノカエデという別名もあるようです。木材で中が赤いとは不思議。
メイプルはオイル系を含みやすく、表面が少しザラつくので汚れやすいですが、音が軟らかく響きはしっかりありなかなかよろしい。何よりもこの模様がいい。木材は同じ木目は厳密にはほぼないでしょう。特に特殊系の木材は模様も変わったものが多く魅力的です。
5-634OPなら屋久杉なんかも音色的に合いそうやな…

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP