2-634-catch

新モデル「2-634」

旧PEKO-634のTajimahalが作れなくなったので新しくできないかということで取り組んでいましたが、「2-634」として完成しましたのでオーダーを開始します。
2-634-catch

【外観など】

基本的なカタチは最近統一している8-634と同じようなカタチです。ですが、8-634よりひと回り大きくフロントの筐体も新しくリニューアルした「5-634」と同じものです。
背面は木材ですが、背面の真後ろ(ドライバの真後ろにあたる部分)にはステンレス板を使っています。基本的には木材の音色ですがステンレスは金属っぽい硬い音がすこしだけ付加されるような印象です。基本は背面の木材の音色がメインだと思ってください。
wpid-img_20170222_214448_191.jpg

穴の奥を除くとステンレス板とポートの穴が見えますね。

ケーブルなどは8-634と同じく筐体から耳の方向へ斜めへ出します。こちらだと耳かけもできるからこっちのほうがいいとの要望が多いので。基本的に私は下にケーブルを垂らすような感じのノーマルな装着をしますが、耳かけすると少し奥まで挿入できるような気がしますね。そのぶん音もダイレクト感が増すというか。

【音について】

基本的には旧PEKO-634 Tajimahalを引き継いでいます。音の線が太く力強いです。また中低域は濃いですね。音も中域を中心に距離が近くで迫力タイプです。繊細でカッチリ鋭くすっきりした最近よくあるイヤホンの音色とは反対をいくような音だと思います。綺麗にすっきり聞かせるような音楽は苦手で、ファンクやソウルなどディープでどっしりとした音楽が相性がよいと感じます。
そして、一番の違いは旧PEKOのように装着時にペコペコしません。今回は全くしないです。装着感に閉鎖的な感じがなく、また耳に挿入する位置にシビアにならなくてよいので楽ですね。

一緒にリニューアルする「1-634」と比べると、1-634のほうが音の線が細く鋭いです。2-634は太いです。1-634に比べて低域から中域の間の中低域が盛っている感じで4-634の空気感や雰囲気を伴った感じは近いかもしれません。低音の量も2-634のほうが多いです。
音の距離も1-634は中域が少し凹んでいる感じですが、2-634では逆に中域は近く1歩前に出ている感じです。1-634もとてもスパイシーで強い個性がありますが、やはり癖の強さは2-634が一番だと思います。ダイナミックらしいパワフルさが感じられますね。

キーワードとしては「強い」「太い」「濃い」「迫力」 こんな感じでしょうか。

————————————————————

旧PEKOシリーズからのアップグレードも可能です
ただし、基本的にはPEKOの音を引き継いでいるので、装着感は別として今の音に満足されているようなら金属筐体のままでも問題ないかなと思います。もちろんケーブルが取り回しのよいものになりますし、耳かけだったり、ペコペコならないなどの装着感の向上というメリットもあるので、そこらへんはご自身で判断されてください。

オーダーは本日より
→ 634ears 商品ページ「2-634」
→ 634ears  オーダーページ

当初の計画としては「2-634」のプロトタイプ「PT-2」を数量限定で出してみて、その様子をみて最終的に改良して正規品という予定でしたが、仕上がったものにその必要を感じなかったので、そのまま定番ラインナップとして追加します。

wpid-img_20170222_211217_746.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP