「1-634」ついでにリニューアル

「2-634」と一緒に1-634も製作しました。もう昔の筐体がなくなったので。
1-634-catch2

【外観など】

形状は「2-634」と同じですが背面の金属部分が少し違います。
wpid-img_20170222_214347_914.jpg

こっちはパンチング穴のあいたものをポートに使用しています。2-634と同じく背面にステンレス板を使用。
装着時のペコペコがしなくなり、ケーブルの耳かけに対応するように斜めだし、木材を選択可能という感じです。ここら辺は2-634のページを参考にしてください。

【音について】

基本的には旧PEKO-634を引き継いでおり、旧筐体の1-634と同じですが、よりスッキリして刺激的な感じとなっております。
音が鋭くキレがあり、色味がつよく派手で、ピークが比較的はっきりしており刺激成分が強めです。いわゆるドンシャリに近いかと思います。低音は2-634のほうが出ていますが、こちらは少し低音のピークが高くアタックが強いです。
しかし、それでも旧PEKO系である1-634は十分に癖が強くスパイシーです。ロックであったりスピード感のある曲、賑やかなラテンなど、ノリよく聞ける曲と相性が良いかもしれません。

キーワードとしては「鋭い」「刺激」「派手」「鮮やか」 こんな感じでしょうか。

ちなみにどっちがオススメですか?と旧シリーズからよく聞かれますが、どちらともいえないです。
中低音のダイナミック感を味わいたい、シャリシャリするのが苦手なら2-634、
そこそこ幅広いジャンルを聴きたい、派手でわかり易い音が好きなら1-634  という感じです。

————————————————————

旧PEKOシリーズからのアップグレードも可能です
ただし、基本的にはPEKOの音を引き継いでいるので、装着感は別として今の音に満足されているようなら金属筐体のままでも問題ないかなと思います。もちろんケーブルが取り回しのよいものになりますし、耳かけだったり、ペコペコならないなどの装着感の向上というメリットもあるので、そこらへんはご自身で判断されてください。

オーダーは本日より

→ 634ears 商品ページ「1-634」

→ 634ears オーダーページ

wpid-img_20170222_212826_213.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP