wpid-img_20170115_170944_747.jpg

作例)まとめて(作例あげるのさぼってました)

作例としてギャラリーを設置したのですが、あまりブログで紹介してなかったので、いくつか私が「おっ!」と思ったモノをいくつかご紹介します。

【1-634 リオグランデパリサンダー】

wpid-img_20170222_212826_213.jpg

 

これは私用に作ったイヤホンですね。ペコペコしない新しい1-634のほうです。
木材はリオグランデパリサンダー(黄金壇)です。この木材あまりオイルが表面にのらずに木材に少し染み込むような感じです。メイプルみたいな感じですかね。ですが表面に木目の凹凸があまりなく見た目も綺麗です。少し虎みたいな模様ですが(笑)
1-634がかなり刺激が強いというかスパイシーなのですが、その特徴をそのまま出してくれます。あまり個性がない響き方の木材といえばその通りですがローズウッドなんかに近いですかね。音も少し明るく軽い響き方する印象です。

【8-634 グラナディロ(皮つき)】

wpid-img_20170217_191058_157.jpg

 

これは8-634をグラナディロの皮つきの木材で作ったものです。木材の芯材と皮の部分の中間を削り取りました。作っていて普通のグラナディロとそんなに変わらないかなと思いましが、少し皮の部分がわずかに柔らかいですかね。皮の部分は表面は凹凸があり少し木目が粗いです。
音はローズウッド系の軽く明るい響き方です。響き方が少しだけ鈍る感じというか大きく響くのでパロサントなどより音の線が少し太く感じますね。
見た目が赤茶色と肌色の2色ツートンカラーで素晴らしく、愛着のわく1台でお客様もお気に入りのようでした。また右耳が赤茶色部分が上になるのでわかりやすい(笑)

【8-634 アフリカンブラック(皮つき)】

wpid-img_20170217_182843_220.jpg

 

アフリカ黒檀であるアフリカンブラックの芯材と皮の部分の境目を削り取って作った8-634です。
これはお客様のご希望により装着したときに正面が左右で黒白になるようにしています。先ほどのグラナディロと違って縦のツートンカラーですね。音は黒檀ですが黒檀よりも響きが軽いです。アタックもきつくない。低音に変なモワッと重たいものが乗ってこない。8-634の線の細さというか特徴を出すにはいい感じです。黒い芯の部分は表面がツルツルで真っ黒、白い部分は多少表面に木目の凹凸がでます。
基本的には気分とその木材をみて芯材と皮のどこを削り取るかを決めていますが、希望があれば黒を多めにしたり、左右でかえてみたり、縦にしたり横にしたりできる感じです。そこらへんはご遠慮なくご注文のときにいってくださいませ。個人的にもこのタイプは作っていてテンションあがります。

【8-634 デザートアイアンウッド】

wpid-img_20170115_170944_747.jpg

 

これは初期のときの8-634仕様で背面の穴が少し大きいですね。木材はデザートアイアンウッド。めちゃくちゃ綺麗ですコレ。
背面の穴が大きいこのタイプは今の8-634よりもっとスッキリしています。スマートです。今の穴が少し小さくなったほうが木材の音がのり響き方(特に中域あたりによく違いがでる)に特徴がでます。大げさにいうと木材の筒を笛のように吹いたときに「ほーほー♪」と音みたいなのがすると思うんですが、そういうのが乗ってくる感じです。
デザートアイアンウッドはその名の通りかなり硬いです。また木材のどの部分をカットするかによりますが、このアイアンウッドは木目が少し入り組んでゴチャっとなっている部分のようで逆にかっこいいですね。個人的に硬い木材のなかでは好きです。黒檀より好きかな。貴重で在庫がない時もあるレア材ですね。オイルも乗りやすく乾拭きするだけでかなりの艶がでて高級品のようになります。お勧めです。

————————————————————

木材はそれぞれ個性がありますが、大きく違いがでるものもあれば、そうでもないモノもあります。
例えば、屋久杉と黒檀は全然違いますし、ローズウッドと黒檀も結構違います。ですが、ローズウッドとグラナディロは聴いてわかるかわらないか程度の違いしか私にはわかりませんし、パオローズとグラナディロの皮つきの違いも私にはイマイチ判断しかねます。確実に違うのですがそれがわかるレベルのものと似たようなものがあるという感じです。
ですので、皮つき木材やレア木材など見た目で選ぶのもアリかと思います。せっかく木材がチョイスできるのでお気に入りのものを希望をできるだけ伝えていい感じのを作ったほうが愛着もわくというもの。手元にない木材は可能であれば取り寄せもできるかもしれません。ご注文の際はどうぞ遠慮なく希望を伝えてくださいませ。

木材の見た目は634earsのサイトの「作例・ギャラリー」を参考にして下さい。

gallery

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP