通常オーダーの受注停止と今後のイヤホン制作

ご無沙汰しております。仕事が忙しすぎるのと体調がここ数年で一番すぐれないので放置しておりました。(イヤホンは継続して受注と制作しておりました)

今回は「通常オーダーの受注停止」と「今後のイヤホン制作とオーダーについて」のお話です。

【通常オーダーの受注停止の経緯】

《納期や制作時間の問題》

ここ最近、イヤホンを受注→お渡しまでかなりお待たせしてしまうことが多くなっています。
その理由として
 ・木材によって制作難易度が高い(欠ける、割れる、加工が難しい…など)
 ・1人で制作のため仕事が忙しいと時間がとれない
 ・部品類を発注してからやけに時間がかかるようになった
 ・ドライバや筐体を加工することが多くなり音のマッチングにより多く時間がかかる
などがあげられます。
通常なら1か月以内にお渡しできるはずのものが1か月半、長いもので2か月かかることもある。自分でもよくよく考えたら木材を塊からカットして加工していく工程が自作カスタムIEM作ってたときと手間や時間的にかわらない。

《部品類の入手に伴う問題》

継続して同じものを作ることが難しくなってきました。その理由は
 ・使用する部品類(ドライバや筐体、その他部品類)を長期にわたり継続して同じものを手に入れることが難しい。
というものです。すぐに終売になったりするものも多くなってきました。

 

【通常オーダーの受注停止と今後について】

上記の大きく2点の理由から、通常オーダーの受注を停止することを決めました。
通常オーダーとは定番の製品ラインナップからモデルを選び、木材を選んでオーダーするものです。

《今後の制作とオーダーについて》

しかし、制作やオーダー自体を完全に辞めるわけではく、今後は以下のようにしていこうと思います。
 1、その時制作可能なものを少量ずつ作りオーダーを受ける(今までのプロトタイプのような感じ)
 2、オーダーのリクエストは受ける(必ず作れるとは限らない)

1、に関しては、
その時入手可能なもので制作できるものを自分が作れる個数だけ作ります。それをオーダーできるようにします。ただし個数は少なく毎回1-10個程度になります。木材の種類もその都度種類を絞ります(これは制作縮小のため木材を多く在庫するのが厳しいため)
今までのラインナップをもとにしたモノもこういった作り方になりますし、今ない新しいモデルも例外ではなく同じようにその時できるものを少数だけということになります。

2、に関しては
今までの定番のラインナップのものに関しては受注のリクエストは受けます。それをもとに時間的に部品の入手的に作れそうであれば数個制作して上記のようにオーダー可能とします。ただし、あくまで「リクエスト」であって制作するかどうかは完全にこちらの状況などで決めますのでご理解ください。

《見逃さないためには「製品のメール通知登録」を》

今後はごく少数を個数限定でその都度作ることになるので、すぐに売り切れたり、気づかないうちに見逃したりということも多いかと思います。
常に何があるのか知りたい方や見逃したくない方は、634earsのサイトにある「メール通知登録(新製品のメール通知でのご案内)」というのに登録していただければ受注可能になるまえに634earsからメールを配信しますのでご利用ください。※詳しくはサイトを参照 →新製品のメール通知でのご案内について

————————————————————

大変苦しい選択でしたが、色々考えてこのようなカタチとなります。申し訳ございません。
しかし、悪いことばかりではなくメリットも少なからずあります。今まで作ろうとしていたけれどなかなか時間がとれず作れなかったものなども多く、そういったものに時間を割くことができるようになるため、今までにないモノや新しいものを作っていくこともできます。
イヤピースがないモデルや、ダイナミック複数、今の背面オープンタイプを少し改造してつけることができる音漏れ軽減のアダプタ、フィルタの交換タイプ…など完成まで持っていけるかはわかりませんが、構想を練って試行錯誤している途中のモノがたくさんあります。

以上、長くなりましたがご報告でした。ご不満な点も多いかと思いますがご理解いただきますようお願いいたします。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP