wpid-IMG_20170720_185517_786.jpg

2DDの構造なんかの話

10-634として初めてののダイナミック2機を使ったイヤホンを作り、もう少しでオーダーされた方にも手元にお届けできるかなという感じですが、中の構造についてのお話を少し書いてみようと思います。
ちゃんと図などを用意すれば一番わかりやすいのですが、ユルくやってる今の私にそこまでの気力もなく…

wpid-IMG_20170720_185517_786.jpg

 

手書きメモをもとに。すいません(笑) テスト段階のときですが大まかにはこんな感じ。

【構造】

ドライバが1つでいい時は、簡単に言えば筐体にドライバを固定するという作業のみです。
その固定の方法だったり、ドライバと音の出口の距離であったり、筐体そのものの形状や、ドライバの音の出し方やチューニング、などなど色んなことが合わさって音が変わってくるのですが、シンプルに言えばドライバを1つぶち込んで固定してやるという感じです。

では、ダイナミックドライバが2つだとどうなるか
よくカスタムIEMなどでは音導チューブなどが使われますが、そういったものは使いません。

ドライバが前後に並ぶわけですが、前のドライバを筐体にびったり隙間なく通常通り固定してしまえば、後ろのドライバの音が出口まででてきません。
フロントのドライバに隙間の空いたリング(簡単に言えばOリングではなく、UリングまたはCリング)を取り付けて筐体に固定します。これによりUまたはCの隙間の部分から後ろのドライバの音がでます

前のドライバは隙間があるために低音が抜けてしまいます。逆に後ろのドライバは正面に小さなドライバがあり高域がでるドライバの中央部分の前が小さなドライバでふさがれてしまうので高域が減衰し中低域だけが前のドライバの隙間から出ていきます

では、2つのドライバの音圧調整はどうしているのか?
それは前のドライバを固定するUまたはCリングの隙間の大きさと各ドライバの出口までの距離です。隙間が大きければ自然と後ろのドライバの音がより前に抜けてきます。距離が遠ければ減衰する帯域もでてきます。これにより各ドライバの音圧を調整します。

これらを極簡単にあらわすと、

筐体ー隙間のあるUまたはCリングードライバ1-ドライバ2ー背面筐体

こんな感じでしょうか。コンデンサや抵抗などは使わず物理的な構造のみで音をチューニングしている感じです。カスタムIEMと違って中に余分なスペースがないのでこういった方法がベストだと判断しました。

あとはドライバ自体の組み合わせだったり、チューニングで音が違うでしょう。
今回は2DDをわかり易く表すためにいわゆるドンシャリのような前のドライバに高域をしっかり頑張ってもらい、後ろに中低域をという音になっています。私の理想でいえば、2つのドライバが1つの音になるような自然な音が理想ですが、今回はあえて2つ入っているということをわかり易くした感じになっているでしょうか。

————————————————————

そんな感じで構造のお話というか雑談でした。 今すでにテストで2DDを試作しています。もうすぐできるかという感じです。次は2つだけど1つの音のように仕上げたい。音だけではなくて筐体ももう少し小さくしたいのでそこら辺も考えないとですね… 難しいですが面白い。

wpid-IMG_20170721_224232_885.jpg

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP