試作機「PT-DD2」

ダイナミック2機搭載の10-634に続き、同じくダイナミック2機の試作機をテスト販売します。

【PT-DD2】

10-634のダイナミック2機は2機搭載をわかりやすく表現するため、高域がカッチリと低域はドンというドンシャリでした。いい意味で派手でウルサイ音で音色の違うダイナミックが2機入っているなという感じでしたが、今回のPT-DD2は同じドライバ構成でありますがダイナミック2機の音の傾向をそろえるように意識しています。

ダイナミックが2機必要な場合、帯域を役割分担させることとは別に傾向の違う音を同時に出せるというメリットがあります(これはデメリットにもなりえる)。1つのドライバのチューニングで繊細でスッキリとした線の細い音を作った場合にはどうしても太く力強い音はだせません。逆に太く濃い音をだそうとチューニングした場合は繊細で細い音はだせません。輪郭も鈍くなります。その2つの音色を一緒に乗せたのが10-634ですが、それは元気の良さや派手な音だったりカッチリする部分と太い部分がともにあると同時に、混在するがためのバラバラ感や違和感もあります。

今回は音の傾向をそろえることで上記のような違和感を減らしたチューニングです。かなり音は濃く太いです。かわりに高域のアタックのキツさやピークは抑えられています。音の輪郭も太め。今までのイヤホンで一番近いのは2-634かなと思います。

wpid-IMG_20170921_194952_205.jpg

形状などは今現在は10-634と同じ。大きさも可能な限り小さくしてみますがほぼ同じです。
今回もテスト機のため、これが正式に製品化された場合は、無料でアプグレードいたします。
木材は、写真のスタビライズドウッドの薄緑(歪目)、レースウッド、カリマンタンエボニー、グラナディロ皮つき、シャム柿皮つき、あたりをご用意しておりますが、希望があればその他も承ります。

オーダーはコチラ
→ 634ears オーダーページ

————————————————————

他に同じドライバ2つを使った複数機やハイブリッド型も試作していますが、まだ未完成という感じです。それらもいい感じに仕上がればテスト機としてテスト販売してみようかと思います。

またすこし大きくなるダイナミック複数機をなんとか小型化したいのですが、そこら辺もご意見含めいろいろ試行錯誤してみたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP