雑記「開発中 × 9-634ver.紅木 × 試聴会など」

今日は雑記。開発中のものやら最近作って「おぉ!」と思ったものやら今年やろうと思っていた試聴会のことやら。ダラダラ書いてるので暇なときに暇つぶしにでも見る人はみてくださいませ。

【9-634 ver.紅木 と 現在テスト・開発中のものなど】

《9ver.紅木》

最近作ったもので、改めて聞いて自分の望むドンピシャのチューニングにできたものがある。それが「9-634 ver.紅木】

背面の木材が違うだけではなく、8-634と9-634の中間のような9よりもすこし高域や繊細さ、美音に重点を置いたチューニングにしてあります。

8-634は音の線が細く中域(低域寄りの中低域)をすこし削って音の厚みよりも曇りをとったスッキリとした音色に仕上げています。そのぶん空気感などの演出は苦手で、中域がさっぱりして音もすこし遠ざけてあるので空間も横に広い。9、8、3はどれもピークを抑えて聴きやすくしているとはいえ8は高域の一部がキツく感じることがある。
それに対して9-634は「聴きやすさ」に重点をおいて完全にフラットに仕上げてあります。よくある帯域バランスでいうと本当に横一線になるようなフラット。だいぶ昔だが「Westone4」というBAイヤホンがあって大好きな機種だったのだが、そのイヤホンの聴きやすさやピークのなさ、中低域の音の適度な厚み、スピード感よりも空気感といった部分にひかれた。そのような音色をダイナミック型ならではの音の輪郭の際立たないほかの音ににじんで馴染むような感じで表現したく製作した意図がある9-634です。
ただし、8のときにあった繊細さが9になることで犠牲になる。これはダイナミック型ならではともいえるかもしれないし、それに限らずイヤホンのチューニング全般にいえることかもしれない。何かをとれば何かが失われる。9のときの中域のすこし濃い感じも8になれば失われる。イコライザを弄ったことがある人はよくわかるとおもうが低域も中域も高域もすべて欲張ってあげてしまうと結局うまくいかない。全体の音量があがるだけだ。簡単にいえば低域と高域をあげるのと、中域をさげるのは同じようなことで全体の音量が違うだけだったりすることもよくある。

そこら辺の矛盾も考慮しつつ、8と9の両方を「個人的にもうちょっとこうだったらなぁ」という部分をつきつめてチューニングしなおしたのが「9ver.紅木」です。乾いてオイリーな紅木の音色の明るさと軽さ、響きの癖のなさとこのチューニングがうまくマッチしており、意図したとおりにチューニングできた珍しいパターンでもあるかと思います。繊細さもすこし中域はあまり厚すぎずでも低域も落とさずしっかりと。
もう紅木がほとんどないので今は作れそうにないですが、別の木材を探してまた作りたいイヤホンではあります。

《開発中の話など》

定番商品をやめて常時オーダーもやめて、気まぐれ受注にしたからできた「9ver.紅木」。こういった感じで限られた部品や木材でその時だけ作れるものを今後は中心に作っていきたいと思っています。
そんな感じで今色々いじっているのは、3ダイナミック、耳かけタイプ要望、ハイブリッド…などです。
3ダイナミックは、2ダイナミックを開発している段階で2つのドライバを1まとめにすることに成功したので、それを1つとして扱うことでもう1つのドライバを追加して3ダイナミックにできるなという感じです。いつもは必要なければドライバ数を増やすことはしないが、今回の3つは「作ってみたい」というネタの要素も大きい。うまくいい音と大きさに収めることができれば2,3個くらい作ってみたさはあります。今のところ音はなかなかいい感じです。少なくとも昔かったどこかの3ダイナミックのイヤホンに比べれば(笑)

耳かけタイプはとても要望が多いから。自分は耳かけが嫌いでケーブル下出し派なので必要ないんだけども、ケーブル着脱と同じくらい要望が多い。1つ2つの要望なら作ることはしないのだが、こう多いと試しに何個か作ってみようかなという気もしないでもない。ただ、これは実現するかは微妙ですね。普通のを強引に耳かけにすることもできるので無理する必要なないかなと思います。

あとはハイブリッド。これも少し前まではやる必要ないと思っていましたが、これによって古い機種がよみがえる可能性がでてきました。6-634や5-634あたりは自分も最近あまり使わない。とくに6は中域の凹みと強烈なピークが気になって1,2曲だけ聴くようなピンポイントの出場選手なのであるけれど、ここにBAを追加して再チューニングすることでその弱点を補えてカバーできたりする。ダイナミック2つと違って筐体の大きさもそれほど大きくならないので使いやすい。
そんな感じであくまで「弱点を補う」ことをメインにBAドライバを使っています。一般的なイメージのハイブリッドのように高域がBAのシャキシャキ高解像度に低域がダイナミックどかんみたいな感じではなく、あくまでDとBAで1つのドライバというようなイメージで使っています。また先ほど別に書いた3ダイナミックのときの2つを組み合わせることができたダイナミックドライバを使えば2ダイナミック1BAなんてことも可能ににある。それが音てきに必要かどうかはわからないが可能性はあるということになるので色々いじってみようと思います。

【試聴会について】

今年の目標の1つに「試聴会を開きたい」というのがありました。もう10月中旬です(笑)夏は暑いので勘弁と思っていたらもう今年もあと3か月…早いですね。

定番ラインナップを排除して行き当たりばったりな製作と受注にして、果たして試聴会したとしても作れないものも多いので意味があるかなと思っていましたが、「こういうものをこんな感じの音で作ってますよ」てきな感じでもいいのかなと思ったので、1回くらいはやってもいいのかなと思っています。

日時を決めて来たい人がいっぺんに集まってみたいなオフ会のようなのは私はあまり好きではなく、試聴するならどっぷりと一人でどうぞという考えです。なのでやるとしたら1人(1組)ずつ試聴できるようにしたいと思っています。人数もそれほど多くないだろうし、そういったことも可能だと思います。
場所は大阪と東京で考えていますが、東京に遠征するのも大変なので人数がすくなければどちらか1つだけでもいいとも思ってますし、そもそも人数がほんとうに少なければ、場所を借りて大げさにしなくてもそこら辺の喫茶店で待ち合わせしてユルく茶でもしながら2,30分とか試聴やら説明をしてダベればいいのかなと思っています。

一応、今までの定番品のいくつかのイヤホンなどは一通り持っていこうかと思います。あとはどうやってダイナミック型のチューニングで音色の違うなどを作っているのかなど製作的なことも希望する人には説明したりなどもいいなと思っています。ダイナミック型のチューニングは動画にしてYoutubeでライブ配信とかしようかなと思いましたが、こういう時にやったほうが自分も楽だしそもそも知りたい人がどれほどいるんだというのもありますしね。

そんなわけで、もし試聴会あるならいってみたいなーっていう方がいらっしゃいましたら、下に簡単な2項目くらいのアンケート(チェックするだけ)を設けましたので、お答えいただければ参考にしたいなと思います。
もちろん、すべて要望に応えることはできないですし、試聴会も人数や自分の仕事の都合などもあるのでなかなかスムーズに実現できないこともありますが。 備考欄もあるので何でも適当に要望があれば書いてください。

→試聴会についての簡単なアンケートや要望

————————————————————

そんなわけでダラダラと雑記でした。まとまりないですが。

ちなみに最近の私のメインイヤホンは下のNUTSアルミさんです。こういう変なのも試聴会あれば持っていこうと思います。

wpid-IMG_20171015_190254_141.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP