wpid-IMG_20171029_145138_621.jpg

PT-9Nutsに帽子をかぶせる

最近PT-9Nuts(以後 Nutsさん)でばかり音楽を聞いてます。
そんなNutsさんですが、左右の耳の形が違う方などはインナーイヤーのように微妙な角度やフィット具合で音圧やらバランスが微妙に崩れてしまいます。そこで合わない人やもっと密閉してカナル型のように使いたい人にはコンプライのようなスポンジ状の素材のテープを巻いて使うこともできると提案しておりました。

wpid-IMG_20170918_195519_120.jpg

テープの巻き方は様々ですし、人によって位置も違いますが、上の写真のような感じです。
これをすると密閉度は増して固定力もあがるので左右の音の差などは少なくはなるし、カナル型のように低音もすこし増えて遮音性があがるのですが、凹凸ができるので装着に違和感を感じてました。

このNutsさんのメインのコンセプトは「ユルく気楽に適当に」みたいな感じなので、その凹凸による少しの違和感がとても気になるんです。

そんなときにテストで購入してくれた方から面白い案を教えてもらいました。

【Nutsにかぶせるキャップ?】

凹凸が気になるなら段差をなくせばいいじゃないかということで、イヤピをかぶせるという技
そのままではイヤーピースははまりませんので、工夫が必要です。

wpid-IMG_20171029_145115_399.jpg wpid-IMG_20171029_145138_621.jpg

イヤピを裏返して軸の部分を根元からカットします。それをNutsさんの先端からかぶせる。
Mサイズで綺麗にはまります。
wpid-IMG_20171029_145204_849.jpg

ちょうど穴の径が3mmのイヤーピースがNutsの先端の穴も考えるとピッタリです。

《実際に使ってみた感想》

実際に何日か使ってみました。確かにスポンジより私の場合は違和感なくフィットします。
ただ、直径がその分大きくなるので耳穴に置くまで入りにくく蓋をする感じですかね。あくまで私の場合です。私は何もつけないNutsさんがいちばんフィットしますので。
個人的にはスポンジよりはかなり好印象ですが、これも個人差がありスポンジテープのほうがいいとう方もいらっしゃるでしょう。
とはいえ、一番いいのは何もせず木材のまま適度にフィットすることです。

もし試したい方はご自身でイヤーピースをカットしてみてもいいですし、これと同じイヤーピースが山のようにあるので必要なかたはご連絡くださればカットしてお送りします。

ただし、注意事項があります
・あまり奥まで強く耳に押し付けると外すときにイヤーピースが耳に残る可能性がある。
・イヤーピースを本体から外すときにあまりにピッタリ被さってしまっているので引っ張るように外すとかなりの力がかかりイヤホンの前後の接着が分離して壊れてしまう。

この2点はご注意してお試しください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP