11-634の別チューニングとドライバ違い (試聴会より)

先週の試聴会で一番新しい「11-634」を5種持っていきましたが、別チューニングと別ドライバが好評だったので数は少ないですがオーダーを受けようと思います。

【11-634 S ~チューニング違いとチューニングで変わること~】

まず最初にチューニング違い。試聴会にいらっしゃった方には詳しく説明しましたがチューニングによって音が大きく変わるモデルがあります。8-634と9-634、3-634などがそうです。それと同じく11-634も大きく3タイプに変わります。

筐体は同じでドライバの位置とドライバ自体のフィルタとフロントの蓋の3つを弄ることで音が変わります。音だけでなく音圧も少し変わったりもします。ここでは試聴会より少し簡潔に説明するので、詳しく知りたい方は試聴会にいらっしゃってください。

大きく変わる部分は「帯域バランス」と「音の傾向」の2つ

《帯域バランスの変化》
帯域バランスは、ざっくりいうと、「凹タイプ」「フラットタイプ」「凸タイプ」の3つです。
ノーマル11-634がほぼ完全にフラットです。
凹タイプはその通り中域がすこし下がります。中低域が下がることで音がスッキリします。低域のピークは同じす。そして高域にピークが出てきます。
凸タイプはカマボコですね。中域があがります。高域と低域がすこし下がります。このタイプはあまり現実的ではありません。音楽を選びすぎます。

《音の傾向の変化》
音の傾向というのは、主に線の太さ。凹→フラット→凸 の順で 線が細くてシャープ→→→線が太くてボヤける という感じです。
線が細いものはすっきりして繊細ともとられます。ノーマルはその中間という感じです。

今回試聴会ではこの3タイプを持参しましたが、11の凹タイプが11より好きだという方が結構いらっしゃいました。
凹タイプはスッキリしてシャープでキレがあるのと、中域がスッキリすることで平面的な横方向の空間が広くなります。ボーカルも少し距離がでますね。今売れ筋のイヤホンはだいたいこの傾向にありますから、印象がよかったのも頷けます。私はあくまでフラットが好きですが。(写真は青黒檀にて製作)

LRM_EXPORT_20180516_200854

そんなわけで、11の別バージョンとして11-634Sを少数ですがオーダーの受付をしようと思います。
価格はテストとして17500円(あとでノーマルタイプに変更の場合は追加料金をいただきます)
すでに11-634をお持ちの方は今のイヤホンをこちらにチューニング変更するのはもちろん無料で行います。
また11-634をお持ちでこの別バーションも購入したいという方は、7500円で製作します。

オーダーはコチラ

→ 634ears オーダーページ

 

【PT-11  別ドライバ】

11-634を製作するにあたってドライバをチョイスするのに最後の3つに絞ったときの1つです。(写真はグァテマラローズウッドとオリーブウッドです)

LRM_EXPORT_20180516_200907
とても似ていますが、私は総合的なバランスで今の11-634のドライバを使用しましたが、これも試聴会ではこちらのほうが好きだという方も複数名いらっしゃいました。
違いは、低域の量がこちらの2種のほうが多いです。膨らむ感じです。横に広い感じの低音というか。アタックではなく量が多いという感じ。
11-634のノーマルより帯域バランスは凹タイプに近いですが、音の傾向はノーマルの11-634に近いです。

こちらは製作段階のテスト機なので 9500円 とします。

オーダーはコチラ

→ 634ears オーダーページ

————————————————————

試聴会では11-634や8,9-634であったり、今のモデルのチューニング違いも持参していくので、同じドライバでチューニングが違うことにより音の変化が良くわかると思います。次の試聴会でも持っていくのでそこら辺の話を詳しく聞きたい人や自作に興味ある方はぜひお越しください。
まぁたぶん夏が嫌いなので秋になると思いますが(笑) 神戸に起こしであれば事前アポしていただければ試聴可能です。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP