20150717-fiio.jpg

新しいDAP「FiiO X5 2nd generation」

久しぶりにDAPを購入しましたので軽く感想を…

FiiOのX5II(2nd generation)です。X5の第2世代ですね。

20150717-fiio

ちょっと前にX3IIも試聴してかなり気に入ってました。ほぼ同時期だったAk Jrも試聴しました(お借りしてしばらく使ってました)が値段の差がありながら個人的にはX3IIのほうが良かった。
AK Jrは高域が伸びずストレスで、全体的にメリハリが無かった。歌い手がまるでリハーサルで50%くらいの力で軽く流しているような聞こえ方だった。

そういった経緯でX3IIを買おうと思ったのですが(小さいしw)、X5IIの発売もすぐに控えていたので上位機種?のX5IIにした感じです。

正直、初代のX5(第1世代)は自分は好きではありませんでした。音がカッチリしすぎていて低域も軽かった。

今回のX5IIは無印(初代)に比べて音が音楽的で低域もしっかり出てますね。解像度も高く音のメリハリもあって元気があってシャッキリしている。これは売れる音っすねぇ…聴いた瞬間そう思いました(笑)

ただ、まだエージングはあまりしてないとはいえ、自分には音がすこしカッチリ、シャッキリすぎる。あと低域がタイトすぎますかね
間違いなく音はいいんです。おそらく普通の人にはタイトな低域とカッチリとした音は好まれるんですが、自分は低域から中域にかけてすこしモヤモヤしているほうが好きなのと、あまりシャッキリしすぎると違和感を感じる人なんです。低域ももうすこし膨らんだボヤけた低域のほうが好みだ。

今までDX90がメインで、たまに持ち運びやすさでIHIFI800と初代のAK100改造あたりを使ってましたが、これらと比べると確実にX5IIのほうがレベルが高いです。

実はメイン使用のDX90の低域の出方というか出所が変じゃないか?と違和感を覚えて、別のDAPをということでX5IIを購入したのですが、今のところDX90とX5IIのどっちが好みかといわれれば私はDX90でしょうか。
逆にどっちのほうが音がいいか?といえばX5IIと言うと思います。

あと、X5IIはAKのDAPと同じでボーカルがでてくる。DX90は周波数通りにボーカルが凹んだイヤホンだと凹むんです。
もちろん音楽を聴くにはボーカルがぐいっときたほうがいいんですが、例えば自分の場合は大好きなソウルミュージックのライブ音源などはX5IIのようにボーカルが近くでグイグイ来られるとライブっぽさが薄れて感じちゃうんですよね。
もう1つは単純にイヤホンを開発するときに、凹んでいるところは凹んでいるものとして出してくれるDX90はある意味ありがたいです。X5IIだと自分の6-634の中域の凹みが凹まない…これは開発には不向きだ(笑)これは私だけだろうけどw

…最近は数十万するDAPがごろごろしているので、そっちにすれば満足いくのかもしれんですが高すぎる。私の場合はポタはポタなのでアレはないし、金もない!

そんなわけで貧乏自作erは直挿しできる小さめでそこそこ音がいい?というようなDAPを求めていきたいと思います。
実はここは個人的にこだわっていて、直挿しでスマートにポタりたいんすよね。そのほうがオシャレでクールだ!アンプ重ねの多段は私はいらねぇ。

しかし色々考えるとFiiOの最近のDAPは安くてレベルたけぇなぁ…

m34-12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP