ペコペコシリーズ 1つ決定「PEKO-634 Taj Mahal」

プロトタイプで少量販売したペコペコがようやくカタチになってきた。

そのうち1つがほぼ完成。ペコペコタージマハルこと「PEKO-634 Taj Mahal

peko-coming

《ペコペコって何?》

ペコペコとはドライバを耳に装着したときに、すげぇペコペコすることから付けられた名前です。
本当にペコペコします。ドライバがベコッと動く。

これはドライバの配置やドライバ前の空間にポートを設けて空気穴をあけてあげることで解消するのだが、そのような一般的なイヤホンの作り方をしてみたところ、フツーの音にしかならない。面白くニャイ!
そこで密閉した状態の濃厚でモコモコした音をなんとか工夫して完成させたのがペコペコシリーズ。
おそらく、イヤホンに精通している製作者などからみればペコペコするとか有り得ないことだと思う。何もわかってねークソ野郎だと罵倒されるだろう(笑)  ただ、それで作ったこの音がなんとも癖になる。ダイナミッカーの心をグッと掴む。

《PEKO-634 Taj Mahal》

タージマハルとはイヤホンの形状から名付けた。イヤホンの背面が宮殿の屋根部分のような変な形状をしている。

wpid-dsc_1131.jpg

これがペコペコイヤホンには合う。音も装着に関しても。

実はこの筐体は試作の段階だけにとどめて別の筐体を作ってそちらを使おうと思っていた。
ただ、この筐体でしか出ない音がある。背面の空間が広く、そして独特の形状からなる響きなのか?よーわからんw
また、装着するときにペコペコ具合をベストな位置にフィットさせるために、この宮殿のような突起によりイヤホンを掴みやすく調整しやすいのだ。

プロトタイプからの変更点はケーブルを標準タイプに戻したこと。
背面のポートの大きさを変更したこと。

ほんの僅かに音が変わっているが、大きな変更はない。

音は荒々しくシャリつき方が雑い(笑)低域の空間がぐっと広い。ボーカルも前に出てくる。
特に中低域は濃厚でクリアで繊細な最近のイヤホンとは逆行するような音である。
しかし、この独特の癖にハマルと他では物足りなくなったりすることもある。

今のところ筐体はシルバーのアルミだが、ゴールドの銅合金も用意しており、そちらはもっと癖の強い音でケーブルもプロトタイプで使ったものを使用している。ただ、現時点でペコペコゴールドは通常販売するか限定にするかまだ検討中。

 

ペコペコはこのタージマハルだけではなく、通常の?ペコペコイヤホンも出す。今最終調整しています。
今回は取り合えず1つ目のペコペコを軽く紹介&予告ということで。

販売は受注生産。マニア向けなので受注も他のイヤホンより少ないだろうから余計に在庫はもたないでおきます。赤字まっしぐらなので(笑)
オーダー受付は10月内に開始します。気になる人はサイトかブログをチェックしといてください。

m34-17

 

 

PAGE TOP