新シリーズの1作目「5S-634」受注開始

モニター販売から試行錯誤を繰り返して、目処が立ちましたので新シリーズの1発目として「5S-634」の受注を開始します。

wpid-img_20160603_174811.jpg

 

・筐体はアルミ+木材6種から選択可能) ※木材の種類については下記に記載

・ケーブルはストレートでプラグと分岐とケーブルスライダーは黒檀(これは黒檀のみ)、希望者には旧ケーブル(L字プラグ)も可能

【ウッド筐体(背面部分)について】

6種の木材から希望するものを選択していただきます。

wpid-img_20160601_233836.jpg
上の写真上段左から
RW (ROSE WOOD)  紫檀
EB (EBONY) 黒檀
TK (TEAK) チーク
上の写真下段左から
ZK (ZELKOVA) ケヤキ
MP (MAPLE) メープル
BW (BLACK WALNUT) ブラックウォルナット

例えば、RWをチョイスすれば「5S-634RW」となり、TKをチョイスすれば「5S-634TK」となります。

《木材の詳細》

木材の違いによる音の違いは僅かですが、ドライバや金属部分の筐体との相性はあると感じました。特に音の響き・太さ・濃さ・硬さあたりに僅かに違いが感じられます。ただし、イヤホンはヘッドホンやスピーカーと違って背面のウッド筐体が音に与える影響はそれほど大きくないと感じる部分もあり、見た目、音、木材の特徴などから好きなものをチョイスすると良いかと思います。

参考のために木目と木材の断面を掲載します。上記の完成品の写真も参考にしてください。(断面アップのピンとあってなくてスンマセンw)

・EB (EBONY) 黒檀

wpid-img_20160606_193108.jpg wpid-img_20160606_201440.jpg

 

とても硬い木材です。色はほとんどが黒に近い色で所々オレンジ色を帯びた木目が入ります。
木の密度が高く詰まっていて木材のキメが細かいです。そのため表面が綺麗に仕上がります。

・RW (ROSE WOOD)  紫檀

wpid-img_20160606_202304.jpg wpid-img_20160606_202003.jpg

エボニーほどではないですが硬いです。色は赤茶色です。
エボニーよりは表面は少しキメが荒いですが、それでも詰まっていてしっかりしています。

・ TK (TEAK) チーク

wpid-img_20160606_193205.jpg wpid-img_20160606_201854.jpg

1番スタンダードな木材らしい色。暗めの茶色です。
詰まっている硬い木材ですが、木目部分に気泡が入り、表面は適度にざらつきます。

・ZK (ZELKOVA) ケヤキ

wpid-img_20160606_193536.jpg wpid-img_20160606_223346.jpg

チークよりも明るめの茶色。黄色がかった茶色です。
木目の間に気泡が入り、その部分のザラツキがあります。

・ MP (MAPLE) メープル

wpid-img_20160606_193259.jpg wpid-img_20160606_201723.jpg

色はかなり白っぽく、木目が薄っすら茶色です。
すごく軽いですがキメが細かくさわり心地も滑らか。

・BW (BLACK WALNUT) ブラックウォルナット

wpid-img_20160606_193407.jpg wpid-img_20160606_222408.jpg

色はこげ茶色が薄くぼやけたような色。
気泡が全体に入りキメはあらく表面はザラつく。

以上6種です。

《音についての個人的な印象》

簡単にですが音について感じたことを軽く記しておきます。
木材による音の違いは僅かだと感じましたが、それでも響きや硬さ、太さや濃さなどは木材による個性があるという印象です

木のキメが細かく表面がなめらかなエボニーやローズウッドなどは響きが強めで、特に低域と中域の中間にある中低域の響きが多い印象。特に黒檀はこの特徴が強い印象をうけます。逆に言えば濃い響きを感じてクドさもあるかもしれません。

逆にブラックウォルナットやケヤキなど木目の粗いものは表面がザラつくためか、先ほどのエボニーやローズウッドと比べると響きも抑え目で地味に感じます。また中低域のモワッとしたものも比較的軽めにも感じます。何となくですが、木目の粗さが吸音材のような役割りを果たしているのではないだろうかという印象をうけました。聴きやすいともいえますし地味とも感じます。

チーク、メープルはその中間で響きが適度でソフトな印象。チークは音の硬さといい響き方、力強さなど色んな意味でバランスが取れていいると感じました。メープルは木目は非常にキメ細かいですが音は硬すぎず響き方がソフトで音色が明るい印象です。バランスがよく音色に木材らしさが感じられる。

木材の硬さや目の詰まり方、木目の粗さなどが大きく関係しているのではないかと思います。上記の木目の見た目っやカラーリング(色はつけずに蜜蝋で磨くだけです)、木目の断面から木材のキメのつまり具合なども参考にして木材をチョイスしていただければと思います。

 

【5-634の音の方向性】

あまり音については書きませんが、5番(5-634)は今後のラインナップの中心に位置するポジションとして作っています。これを最初にしたかった意味はここにあります。

今後のラインナップは旧ラインナップの音の方向性を受け継ぐつもりです。

6 - アタックと強さ
3 - ボーカル、アコースティック
4 - ライブ、ソウル
1 - PEKOを受け継ぐもの
2 - PEKOを受け継ぐもの(1とは別の音)

この上記のラインナップの中心(基準)となるのが「5-634」です。

音質についてはそれぞれ感じ方があるとは思いますが、5-634はアタックや刺激は6ほどではないがそこそこ、ボーカルは3ほどではないが近い、4やPEKOのような中低域のモワッとした空気感は5-634は控えめ、という感じです。当初はもっとスマートでスッキリさせる計画でしたが、作っていくうちに自分の好みを優先させて今の音となりました。

 

【オーダーについて】

オーダーは受注生産です。2016/6/7の21:00から開始します。申込みは634earsのオーダーページよりお願いします。

今回より手作りの肯定が多く、作成に今までよりさらに時間がかかります。オーダーの混み具合にも寄りますが1ヶ月から2ヶ月かかる予定です。

お申込み後、確認とお支払いでオーダーを確定した順番で注文・製作いたしますので、同じ時期に注文されたものでも納期がかなり前後するとおもわれます。この点はご注意くださいませ

 

 

 

PAGE TOP