1S(G)-634 受注開始

旧シリーズのPEKO-634の後継機である 1S(G)-634が完成しましたので受注を開始します。
今回も濃いファンキーなサウンドは健在です。Let’Sペコペコグルーヴ♪

1-634-sound

 

《筐体の種類》

S(シルバー)」か「G(ゴールド)」が選べます。シルバーがアルミ、ゴールドが真鍮です。5S-634や6S(G)-634より一回り大きな筐体となります。
1-634に関してはアルミの1S(シルバー)-634が個人的にはオススメです。
※旧作からのアップグレードの方はその筐体を再利用しますので S or G はお持ちの旧タイプに由来するカタチになります。

木材はいつも通りの6種から選択可能です。

wpid-img_20160601_233836.jpg

 

上の写真上段左から
RW (ROSE WOOD)  紫檀
EB (EBONY) 黒檀
TK (TEAK) チーク
上の写真下段左から
ZK (ZELKOVA) ケヤキ
MP (MAPLE) メープル
BW (BLACK WALNUT) ブラックウォルナット

例えば、アルミ+RWをチョイスすれば「1S-634RW」となり、真鍮+TKをチョイスすれば「1G-634TK」となります。
また、気まぐれですが定番以外の特殊木材もご用意しております。

wpid-img_20160804_184508.jpg wpid-img_20160804_185043.jpg

上の写真は 特殊木材であるパープルハートという紫色の木材を使用した 1S-634PH(パープルハート)です。

木材の種類についての詳細はコチラも参考にしてください。
→ 選べる木材の種類について

 

《音の違いについて》

まず、金属筐体による音の違いがあります。
アルミですと派手で硬めの音になります。真鍮ですと音がマイルドになり音に重みがあり低域の響きがでます。今回の1S(G)-634に関しては個人的にはアルミをオススメしますが、あえて真鍮で変態っぽいのもいいいかもしれません(意味不明)

木材については先に書いた部分を参考にしてください。
今回の1S(G)-634は、ほかのモデルほど背面の木材の影響を受けにくいです。見た目重視で選んでもそこまでの大きな差はないと思います(若干はあります)

次に旧作からの音の違いですが、旧シリーズPEKO-634の濃くて刺激的なサウンドは残しつつも、音の粗さを改善し、太くてぼやけがちな音をすっきりとわかりやすくチューニングしております。またペコペコと装着に難があった部分も完全ではありませんが改善しております。旧シリーズのPEKO-634からだとアップグレードがオススメです。 もう1つ開発中の兄弟機である2S(G)-634がありますが、そちらは同じドライバを使っていますがチューニングが違いバランス的に低域によったモコモコとしたマニア向けのイヤホンです。

オーダーは634earsのサイトからお願いします。 → お申込みはコチラ

————————————————————

旧PEKO-634の音がある程度完成していたので、弄るかどうか迷いましたが、やはり聞いていると粗さが気になるのと、ペコペコとした装着感が気になる。またほかのモデルを聞いた後だと力強いのはいいのですが音が太く、どこかボヤッとしてしまう印象がありました。そこら辺を少し改善したいということで開発に着手しましたが、まぁとても弄りがいのあるドライバとイヤホンです。

兄弟機に開発中の2S(G)-634がありますが、普通の方は完全に1S(G)-634のほうがオススメです。

 

 

 

PAGE TOP