4S(G)-634 受注開始

試行錯誤を続けておりました「4S(G)-634」の受注開始のお知らせです。
旧作の「4-634GOLD」は634earsの中でもっとも私が再現したい音に近いモノでした。その系統を引き継ぐイヤホンです。

 

4-634-sound

《筐体の種類》

S(シルバー)」か「G(ゴールド)」が選べます。シルバーがアルミ、ゴールドが真鍮です。5S-634や6S(G)-634と同じ大きさのものです。
※旧作からのアップグレードの方はその筐体を再利用しますので S or G はお持ちの旧タイプに由来するカタチになります。

木材はいつも通りの6種から選択可能です。
※写真のものと形状が違います。4S(G)-634は背面部分が丸くすぼんでいます。

wpid-img_20160601_233836.jpg

 

上の写真上段左から
RW (ROSE WOOD)  紫檀
EB (EBONY) 黒檀
TK (TEAK) チーク
上の写真下段左から
ZK (ZELKOVA) ケヤキ
MP (MAPLE) メープル
BW (BLACK WALNUT) ブラックウォルナット

例えば、アルミ+RWをチョイスすれば「4S-634RW」となり、真鍮+TKをチョイスすれば「4G-634TK」となります。
また、気まぐれですが定番以外の特殊木材もご用意しております。ご相談ください。

wpid-img_20160818_192802.jpg

上の写真は 左が4S-634EB(エボニー)、右が4G-634RW(ローズウッド)。両方ともコーティングなしの磨き仕上げ。

木材の種類についての詳細はコチラも参考にしてください。
→ 選べる木材の種類について

 

《音の違いについて》

金属筐体による音の違いですが、ゴールドの真鍮だと重く雰囲気のある音になります。4S(G)-634のライブ感には相性がいいと思いました。しかしシルバーのアルミも悪くなくて淡白ですがよりストレートな音という印象です。どちらもアリだと思います。

木材については先に書いた部分を参考にしてください。今回は背面の影響を受ける構造になっていますので木材による音の違いが出やすいです。硬めの木材のほうが個人的には好みですが、シルバーのアルミ筐体と合わせるならばチークやウォルナットメープルなどもさっぱりと聴きやすいと思いました。

次に旧作からの音の違いですが、今回はなるべく旧4-634GOLDを再現する方向で取り組みました。ただし、旧作では雰囲気を出すために音がボヤけて太く丸い印象がありました。今回は各音をよりわかり易く少しだけ明るくカチッとピントが合うようにしています。少し筋トレして締めたような印象です。また旧作にあった低域の響きがクドいと感じることもあったので少し軽減し、逆に中域から高域に響きを持たせています。ここら辺は旧作とは好みの違いという程度です。ベースは限りなく旧4-634GOLDなので。

オーダーは634earsのサイトからお願いします。 → お申込みはコチラ

————————————————————

旧作4-634GOLDが個人的に一番好きなイヤホンだったので思い入れは強いです。そのまま同じ音を再現しようかと思いましたが、部品や筐体も少し違うのでまったく同じというのは不可能でした。ただ、限りなく近く、また個人的な不満点を少しずつ弄っています。旧作にくらべて音楽的な相性の幅が広いと思います。すごくレトロな音という印象のあるイヤホンですが、音の出所と鼓膜までの空間を感じれるような音がとても好みです。ぜひともライブ音源などを聞いていただきたいです。

 

 

PAGE TOP