サンプル作品)4G-634EB ケーブル着脱式(MMCX) と着脱について

今回はテスト的に作成したケーブル着脱の4G-634EB(黒檀)のご紹介です。

wpid-bjxgrjodd9y.jpg

 

ケーブル着脱は以前からたくさんのご要望をいただいておりましたが、個人的にケーブル着脱に良い思い出がない。特にMMCXは。

ShureやWestone、カスタムIEMなどケーブル着脱モデルを所持しておりましたが、その中でMMCXコネクタを採用しているものが私の場合運悪く接触不良を起こしたものがありました。すべてMMCXでした。 周りからは「使い方が悪い」などの声もありますが、ぶっちゃけるとほとんど使わずに綺麗に保管していて不良が起きたりして信用ならん。
また、MMCXのクルクル回るのは何の意味があるのか?装着しにくいだけだ。中にはあえてケーブル着脱じゃないモデルを買いなおしたりもしましたね。

そんなわけで、ケーブル着脱には消極的です。音質もケーブルでそんなに変化しないでほしいという感じなので、むしろカスタムIEMなんかも標準ケーブルを好んで使っています。
イヤホン本体から先のケーブル部分を好きなものを使えるようにお客さまに委ねることはある意味楽です。好みに変化させればいいのだから。ただし、コネクタが壊れた場合の修理が大変。とくに木材の場合はぶっ壊して作り直しみたいなもんですから。

今回はテスト的に作ってみた次第です。ケーブル着脱だからケーブルによっては耳かけも可能ですね。

wpid-bjxgpb4jnzm.jpg

 

コネクタが金色なので筐体に真鍮(使い古しのw)のゴールド、背面のポートにもゴールドを使用して統一感をだしています。

 

話は少しかわりますが、イヤホンのケーブル着脱コネクタって統一しないんすかね?MMCXなんかもともとオーディオやイヤホン用じゃないし、2ピンもそのまま使うと抜けたり緩くなったり…
あるものを寄せ集めて作るのは私みたいな自作erまがいの個人までにしといて、メーカーさんは使いやすい便利なものを開発してほしいです。メーカー同士で話あって決めればいいのに… イヤホンを使うお客様のこと考えてほしいわ。金もうけばっかじゃなくてさー。愚痴(笑)MMCXをきちんとメンテナンスすれば問題ないとか言ってる人は私の不良を起こしたイヤホンが何なのか説明してください。怪奇現象ですかね?

ちなみに、着脱式のイヤホンでは不良を起こしたことはありますが、ケーブル着脱ではない普通のモデルでは一度たりとも断線したことはないです。

PAGE TOP