新モデル「8-634」

個人的オススメ新作「8-634」のご紹介 (写真はブラックチェリーにて作成)

8-634

ついに「8」まできた…(笑)

【外観など】

筐体はフロントはアルミ。ドライバとカナル先端が極力近くなるようなものをチョイスしました。また少し小型です。

背面はいつもの通り木材なのですが、今回はオープンにしてます。少し前に作った4OP-634を改良した感じでしょうか。筐体は今までのものより短くなり耳へのおさまりがよくなってます。(写真はブラックチェリーのオイルフィニュッシュです)

ケーブルを本体から斜めに出しているのには訳がありまして、通常の下出しストレート装着と耳かけの両方ができるようにしています。筐体が小さいのもそれを狙ってのことです。ケーブルは今までよりも軽く柔らかいものを採用しているのでそのままで耳かけできると思います。

背面オープンですが、通常の今までのモデルより僅かにするかな?程度です。

【音について】

音は今までの634earsの傾向と大きく変わります。
634earsっぽいイヤホンの代表として特に「4-634」「1-634」などは中低音よりで音が濃く、距離も近く迫力傾向にありました。(6-634などは少し違いますが、まぁ総じて中低域重視には変わりない)

今回は傾向を少し変えて、音をより繊細に、そして高域をだしています。音も適度な距離感をとり音場も広めです。ボーカルも今までは男性ボーカルのような少し低めを重視していましたが、今回は女性ボーカルのほうにピントが合っている印象です。また今までは音が近く迫力傾向だったために音数の多いものは苦手なモデルが多かったですが、今回の8-634はその辺も

ただ勘違いしないで欲しいのは高域寄りではないということです。低域は今までと同じく出しています。

また高域寄りというと勘違いしやすいのですが、ピークの目立つカッチリシャキシャキの音ではないです。どちらかというと滑らかになるように仕上げています。私が不自然にシャキシャキしたり輪郭が際立ったりするのが嫌いなので。背面をオープンにしたのもそこら辺を考慮した結果です。

キーワードとしては「繊細」「高域も」「音場広」「女性ボーカル」「音数多いものにも対応」

 

wpid-img_20161111_204729.jpg

 

————————————————————

私は「4-634」をメインに使用しています。それでかなり満足はしていましたが、高域にもうひとつ伸びきらない部分や繊細な部分を望む時がありモヤモヤしたところもありました。そこをこのイヤホンは満たしてくれる。

個人的に「4-634」に次ぐオススメです。

価格は 25000円/個 納期は約1か月半程度(部品調達の納期次第では伸びることも縮むこともあります)

オーダーは本日より
→ 634ears 商品ページ「8-634」

 

→【8-634についてほ補足】

PAGE TOP