8-634の仕様変更と注意点

ご無沙汰しております。m34です。
年末の多忙な仕事と人員不足による過労にくたばっておりました。これもあと1日…

本日は「8-634」の若干の変更点と注意点について

【筐体の形状を若干変更】

背面メッシュのオープンな筐体ですが、そのメッシュ部分を縮小して少し小さくすることにしました。
すでに発送されている8-634や届いているものはすべてこの形になっていると思います。

wpid-img_20161229_203549_512.jpg

 

上の写真 左が私の8-634パロサント。これは背面の穴を全面メッシュにしたタイプ。
写真右が変更後の8-634です。すべてこのタイプで仕上げることにします。

背面のメッシュ部分を少し縮小し、もう少し木材の音色がのるようにしました。とはいってもそもそも背面の影響をうけにくいドライバなのと、メッシュ状のオープン形状なので大差はありません。ほんの僅かにだけその木材の色がつくという程度です。

せっかく選んだ木材の特徴を少しでも出したいという点と、強度をアップするという2つの理由から形状を変更しました。
木材による音色の違いというより色の付き方がわずかにだけ違うという程度なので、どれを選んでも問題ないです。柔らかい木材も大丈夫です。(※ただし屋久杉に関しては強度の補強のため背面の木材内側の一部に真鍮を使用します。真鍮の音色も入ると思ってください。問題ないというか逆にいい感じです)

急な変更で申し訳ないですが、悪くなっている点はなく改善という変更なのでご理解くださいませ。

【注意点】

8-634は他の634earsのイヤホンに比べて少しだけ鳴らしにくいです。といっても普通のスマホなどでも音量は十分とれますのでご心配なく。
普段より2割増し、ゲインを上げるなどされると他と同じくらいになります。
イヤホンに使用している協力なネオジウムマグネットなどの影響もあるのですが、繊細な音が出るようになった代わりに音量が小さいとメリハリがない音になってしまいます。その点はご注意ください。

 

PAGE TOP