MMCXコネクタを採用してのケーブル着脱モデルの感想

少し前にテスト的にMMCXコネクタによるケーブル着脱モデルを制作しました。
その制作と使用した個人的な感想です。(採用の可否の決断はもう少し様子をみてみます)

wpid-IMG_20170323_210455_922.jpg wpid-IMG_20170417_111720_017.jpg

 

 

今まで市販のイヤホンで嫌というほど痛い目をみてきたMMCXコネクタによるケーブル着脱。
SHUREもWESTONEも壊れた私にはトラウマレベルで絶対にMMCXは嫌だという気持ちもありました。中には使い方が悪いとかいう話もありましたが、いやそもそも使ってないし、ケースにしまったままだし。ケアがどうこうのレベルではなかったのよ。

そんななかケーブル着脱モデルとしてテスト的に採用したのには理由があります。
まずはケーブル着脱モデルの要望がとても多いこと、そして他に選択肢が他にあまりないこと。
2pinなどもありますが、ケーブルのほうが最近はMMCX主体になってきていて、それを考えるとコレしかないんすよね。

wpid-IMG_20170509_183344_018.jpg wpid-IMG_20170504_072051_140.jpg

【制作しての印象】

まず実装しにくい。木材と金属ですからね。強度的には樹脂でガチガチに固めるカスタムIEMのようにはいかないです。
また、コネクタのせいで背面筐体の内部空間が狭くなる。そして内部配線がケーブルと異なることで音が若干ですが変わります。
厳密には背面に金属のそこそこの大きさのコネクタが入ってくるので音もわからないレベルではあれど違うでしょうね。

【使用しての感想】

いくつも制作して、同じコネクタを何度も抜き差ししてテストしました。
やはり何十回と乱暴に抜き差しすれば、たまにピンが押し込まれたりなどの不具合は起きますね。もちろん丁寧に扱えば大丈夫なんでしょうけど。
MMCXは強い力で抜かないと外れません。これは電車だったりで不意に何かに引っかかったときはイヤホンごと持っていかれたり壊れたりすると思います。2pinだとケーブルだけが一定の力が加わったら抜けるので安心なんですがね。そこら辺を考えるとMMCXは安全のためとか万が一のためというより「リケーブル」するためのコネクタなんだろうなと思ってしまいます。

また私の制作するイヤホンだとMMCXコネクタの分、重心が外側になってしまいイヤホンが外れやすい気がします。
ここら辺の装着感などはケーブル直結のほうが私は絶対的にいいと感じました。

————————————————————

個人的にはですが、やはりケーブル直結のほうがいいです。バランス接続もしないですし、ポタでは初心者のような装備で気軽に楽しんでる私にはそれで問題ない。ただ、最近はそういうニーズも多いので選択肢の1つとしてあってもいいかなと思う部分もあります。
ですが、制作にひと手間かかること、絶対的に故障の確率がふえることなどを考えると、気が引けちゃいますね。作り手として(笑)

しばらくテストにご協力してくださった方のご意見も聞きながら、最終的にケーブル着脱モデルを選択氏の1つとして採用するかどうか決めたいと思います。

wpid-IMG_20170511_165355.jpg

 

PAGE TOP