事業縮小のお知らせ(販売枠の削減)

ご無沙汰しております。暑い日が続きますがみなさんお元気でしょうか?
今日は、ここ最近色々考えてきて「事業を縮小しよう」と決めたので、そのお知らせと詳細などについて。

【事業縮小に至った経緯(理由など)】

1、納期の遅れ

自分の本業の仕事が忙しいのもあってかここ最近のオーダーの納期がだいぶ遅れが出ています。大変申し訳ないです。気にせず完成を待ってくださる方も多く助かっておりますが、完全に私一人で制作するにはキャパオーバーなことも多々あり今のような現状になりました。また最近作るイヤホンは内部構造が複雑なものも多く、以前よりも製作に時間がかかるということも理由の1つとなっております。

2、開発時間より製作時間が多くなっている

本来は、私個人が欲しいものを作るということから始まった634earsですが、その肝心な開発の時間が製作に追われてあまり取れなくなっています。たくさん売れるのは嬉しい限りで本当にありがたいことです。しかし、製作者として同じものを量産することは作業になり、開発に時間を費やせないのは歯がゆい次第です。

 

【縮小内容の詳細】

上記のような経緯からすこし事業を縮小しようと思いました。事業縮小といっても販売枠の縮小というだけで大げさな話ではないのですが、1ヵ月に作る製作数を減らして、その分の時間をよりチャレンジングな開発や製作に費やそうと思います。

1、通常オーダー数を減らす

今までは通常の製品は販売時に10~20程度のオーダーをいただき、試作機やテスト品なども枠は少ないとはいえ3~5程度のオーダーを毎回のように頂いておりました。この点に関しては大変ありがたく思っております。
で、この数をどう減らすかというと単純に数を1~3程度に減らそうと思います

2、定番製品 → ワンオフ的な製品

今後は1つの製品に対してオーダーの数が多くなることがなくなるため、基本的にすべての製品をその時限りのワンオフ品といたします。今までで言うところのすべて試作機みたいな感じになります。

 

【メリット】

販売・製作枠を縮小することでお客様にはデメリットばかりのように思われますが、逆に今までにないメリットもあります。このメリットが私にとっては大きく事業縮小を決めた理由の1つでもあります。

1、定番品がなくなることでの使える部品類の種類が増える

定番品として10以上のオーダーを受けることを前提とすると、どうしてもその数(修理分もふくめると約倍の数)の同じ部品を確保しなければなりません。主にドライバなどがそれにあたります。しかし、毎回1~3個程度であれば安定して手に入らないその時だけの部品類を使うことができます。今までモノはすごく良くても安定して手に入ることができない売り切りの部品などは使えませんでした。それは試聴会などに来ていただいた方などはすこしわかっていただけたかと思います。これによってよりチャレンジングで面白いものを作ることが可能となります。

2、製作に時間が費やせる

今までオーダーが10個あれば同じものを木材を切り出して10個製作しなければなりませんでした。手作業なので木材によって厚みなども微妙に違いますがそれでも同じものを手作業で量産するのは非常に手間です。しかし、例えば1つしか作らなくてよければ時間もかけることができるので今までできなかったような形状であったり複雑な工程もやりやすくなります。

3、開発に時間をかけることができる

これは先ほど述べた通りです。作業を減らして開発に時間を回すことで、よりチャレンジングで面白い製品を作ることができるようになります。

 

【今後のサービス内容】

事業縮小後に何をしていくか?今後は大きく4つのことに注力していこうと思っています。

1、販売枠を縮小して今まで通りの受注販売と製作

販売枠を減らして毎回1~3という少ない数で続けていこうと思います。ただ、今まで使えなかった部品類だったり、製作時間を費やせるメリットもあるので、今までなかったものも製作しやすいと思っています。

2、個別オーダーとフルオーダー

個別オーダー
過去のモデルなどは個別オーダーというカタチで製作可能かどうかなどご相談にのります。
フルオーダー
今までにないモデルで「こういうイヤホンを作ってほしい」というような要望も少しずつですが受けていこうと思います。
基本的にダイナミック型になりますが、製作可能なものを「音」「形状」「木材」などをお客様と一緒に意見をお伺いしながら作り上げていくフルオーダーのシステムです。これについては詳細が決まり次第blog等でお知らせしようかと思います。

3、アップグレードやリニューアル

新規の販売を抑えたぶん、今まで製作して購入していただいたイヤホンのアップグレードや再チューニング、リニューアルなどに力を注ごうと思います。過去に作ったものより近々で製作したもののほうが確実に音質なども向上しています。個人で作っているものなので中古で売り払ってもゴミみたいな価格にしかならないでしょうし、使わなくなったものや飽きて使用頻度の減ったものなどを使えるものに変えていきたいと思っています。無料でできる場合もありますし、有料の場合もありますが一度お見積り依頼などしていただけると相談に乗ります。

4、普及品の開発と販売(予定)

今までのように1から手作りではなく部品や筐体などすべてを既製品や外注などで揃えて、こちらで組み立てるだけというものです。
これはなるべく価格も抑えて実現できればと思っています。
例えば、今までで一番よかったモデルに改良を加えて、音漏れ・小型化・ケーブル着脱などを施して量産品を作るというようなことです。

これに関しては、今までよりある程度数を作ることになるのと、部品類の製作を外注することになると思うので、資金もかなりかかると思われます。だいぶ昔に金属筐体を製作してもらっていましたが、あのようなタイプのイヤホンになると思います。筐体も木材にこだわりません。
資金面で実現できるかわかりませんが、クラウドファンディングも視野に入れて実現を目指したいと思っていますが、今はまだ予定の段階です。

————————————————————

事業内容の変更に伴ってサイトなどは近いうちに少しずつ変更などしていこうと思います。また、今オーダー中のモノは今まで通り製作してお渡しいたします。

とりあえず今製作しているものもいくつかありますので、そういったものを見逃さないようにしたい方は(数が少ないので)「新製品のメール通知」にご登録ください。ただし、今までより小量な分、頻度も多くなると思いますので煩わしい場合はメール通知登録を送らないように解除いたしますのでご連絡ください。

とりあえず今進行中のものだけ軽くお知らせすると、89-634に低域ドライバを追加したデュアルD製作しています。またNUTSを改良していますので新しいものが出来次第、希望者にはすべて無料でアップグレードしたいともいます。

私個人の理由で突然の事業縮小というワガママなお知らせになりましたが、規模は小さくなりますがイヤホンの制作を続けていくつもりでいますので今後ともよろしくお願いいたします。

icon20

 

PAGE TOP