個別オーダーより「89-634 + D」PT-D89

お客様からの個別オーダーより「89-634」の中低域にドライバを追加してほしいとのことで製作したものです。
事業縮小のご連絡からすぐになりますが、さっそく2個のみ製作しようと思うのでオーダーの受付をいたします。採用した中低域ドライバが手元にあるだけなので2個のみです。

【PT-D89】

89-634をフルレンジ(必然的に中高域となる)として使って、中低域(主に低域)にDを追加。89-634を愛用されているお客様からの個別オーダー製作です。

背面には約10mmのドライバを配置しますが、フロントが小型のドライバなのと、フロントドライバの固定方法を10-634のような接着による固定ではなく周辺から抑え込む固定方法にしたのでちょっとスペースに余裕ができ、ふつうの89-634よりちょっと長い程度で大きさは特別大きくありません。

LRM_EXPORT_20180724_223614

(写真は私のパープルハートの試作機)

ドライバが2つであるため筐体内部に余裕はなくケーブル着脱は不可です。

【音の傾向】

音は89-634に低域を追加というそのままという感じですが、低域ドライバの音の厚みのため本来の89-634よりは少しファットでメリハリがある感じです。逆に言えばスッキリした線の細い感じが薄れてしまったかもしれません。ここら辺は一長一短ですかね。
ドライバが増えるとシングルよりは確実に輪郭の鮮明さは失われます。音が2つあるからです。低域はちょっとムチっとしているでしょうか。

————————————————————

今回より事業縮小のため少数の製作となります。2個のみ。木材は選択可能です。

価格は 22000円(税込) ※89より価格が安いのはワンオフ品のため

オーダーはコチラ
→ 634ears オーダーページ

————————————————————

今回より製作数を抑えます。今後こういったお客様の特注系のモデルか、形状などもだいぶ変わってヘンテコなモデルなどが多くなると思います。こうなってくるとモデル名などをどうしようかと思っていますが。お客さんのイニシャルとかとって〇〇モデルとかのほうがわかりやすいんすかね。どうなんだろう…  ちょっとそこら辺は考えます。

デュアル(トリプル)ドライバの場合の実装方法をかえてちょっと2ドライバなどは作り易くなってきました。以前ほど面倒でもないというか。あくまで縦に配列する方法のみですが。単純に「このドライバにこのドライバを足してくれ」は実は単純な足し算にはならないことが多いです。そういう意味ではシングルのほうが思いどおりの音になりますが、「どうなるんだろう?」というような面白さは複数ドライバにはありますね。

何か面白い組み合わせなどあれば、やってみますのでご相談くださいませ。

 

PAGE TOP