XUELIN IHIFI800という変なDAP

たまには雑談…

ポータブルって何だ?ってふと思ったりすると、小さいDAPが欲しくなった。

色々考えて、オーソドックスなウォークマンAシリーズなどがいいかなと思ったのだが、どうせ音もそこそこと妥協して買うなら面白いものないかなーと思って買ったのがコレ

XUELIN IHIFI800 というDAP

ihifi800-1

ひかれたのは小ささと、なんだか武骨でレトロな見た目。
小さいってのはいいね。スマートだ!
片手で持ってDAP単体にイヤホン直挿し!これがポータブルだろ。…と改めて思った。

ihifi800-4ihifi800-2

操作はタッチパネルではなく、すべて物理ボタンでの操作のみ
男らしい!  これがなかなかに使いやすい。
スマホですらもBlackberryの物理ボタンでないと無理なワタシには、なんの抵抗もなく使える。
しかも、かなりサクサクでストレスない。曲のサーチもボタン長押しでギュンギュンいける。

ihifi800-3

DACにはES9018K2M、アンプ部分はLME49726らしい。
ES9018K2Mといえば、今使っているDX90がデュアルで積んでいるDACだ。

音はあまり期待してなかったのだが、これが中々いける(笑)

基本性能はまぁ普通ですね。音は繊細なタイプではない。音が太く柔らかい。迫力で聞かせるタイプで、解像度や明瞭さを求める人にはまったくもってオススメしないが、輪郭が際立たずに自然なのでワタシは好み。

DX90をメインで使っていたのでこれと比較になってしまうが、DX90が少し低音寄りで音楽的な鳴りなのにたいして、IHIFI800はとてもストレートだ。

低音はちょうどよく、DX90のようにドワァンと回り込むというか包み込みような鳴り方ではなく、ちゃんと出所がわかるような音の出方をしている。

また、中域がグッと前にでてくるタイプで、ボーカルものに強い。
DX90はここが駄目だった。低域が被ってきて、中域が凹んでた。

高域も大人しめだがスムーズに伸びる。

同じDACを2つ積んでいるDX90より全然いいじゃねぇか。どういうこった…

全体的に音をステージ正面の中心席で聞いているような感じで、音の出所がすごくわかりやすい。 DX90のように音のなかに自分がいるような変な定位ではないので、とても聴きやすいです。

 

ただ、すでに記述したとおりすべ物理ボタンだし、いろいろ使いにくい部分も多々ある。 正直オススメしない(笑)

とはいえ、今は私のポータブルのメイン機となっています。
なんかね、これでいいや感がすごいの… 2万台でこの音なら文句ない。

最近はFiioのX3 2nd や、AK Jrなど比較的安め?(安いかどうかはしらないけど)のDAPもあるので、IHIFI800と聞き比べたい。

でも、今回これで気づかされたのが、イヤホンを制作する上でスタンダードな音で聞き比べないとだめだなぁと思いました。
ポータブルはIHIFI800でいいとして、制作するとき用にもっと標準的なDAPはないかなぁと色々物色中です。

PAGE TOP