634ears 第2弾「634-W(Rokxashi Wood)」

rok-wood

634earsの第2弾ウッドシリーズ「634-W」が完成しまして(まだ細かい部分は変更の可能性はありますが)、すこし自分なりに書いてみようかと… 参考にする部分はしてください(笑)

【634-W (Rokxashi Wood) について】

イヤホンの筐体の一部(またはすべてに)ウッドを使用したシリーズなんですが、中のドライバは「初代634」と同じものを使ってます
ただし、まったく同じような構造ではなく(同じものもある)、音のチューニングを変えるなどして自分なりに筐体に合わせたつもりです。

ダイナミック型はイヤホンの筐体の素材や形状が音に大きな影響を与えます。ですが、木材・金属・樹脂…etc のどれが1番良い!というのは無いと感じます。 金属のほうが良さそうとか最初は思ってましたが、樹脂や木材にもそれぞれの良さがありますね。

今回はウッドを使用しているのですが、第1弾の金属にくらべて全体的に落ち着いた音である印象をうけます。高域は金属にくらべて「カキン」とした音の硬さがすこしやわらかくなった感じがします。 しかし低域はウッドのほうが適度に膨らみ、同じ条件で作ったものを金属と比較しても自分は好みであり、音の厚み、深みなどはある印象です。

第2弾のウッドシリーズは、決して第1弾の上位に位置するものではなく「兄弟機」として素材の違い、音の違いを楽しむものとして捉えてもらったほうがいいですかね。

試行錯誤のなかで、ケーブルなどを変更(アップグレード)することで基本性能のアップも考えましたが、価格なども考慮して、今回はあくまで筐体と音のチューニングを変えた兄弟機として位置づけてます。

音の基本的な方向性も初代「634」を受け継いでいるので、型番の同じ番号同士はやはり似ていると思います。

個人的には、第1弾で「6」を買った人は第2弾で「3W」を、第1弾で「3」を買った人は第2弾は「6W」を…というチョイスのほうがより幅広く音楽を楽しめると思います(篭もった音がライブっぽくてあえて好きだという変態度数の高いかたは「4」をどうぞw)

 

各モデルごとの比較は次の記事で述べたいと思います。

是非とも参考にしてください。

→ 6W(Rokxashi Wood)を自分で聴く
→ 3W(Rokxashi Wood)を自分で聴く
→ 4W(Rokxashi Wood)を自分で聴く

PAGE TOP