3W(Rokxashi Wood)を自分で聴く

3w-catch

【3 Wood】

「3 Wood」はちょっと変わってます。よーく写真を見てください… 筐体のカナル側がウッドでドライバ背面部分が金属という構造になってます。よくあるウッドイヤホンの多くは筐体のカナル側が樹脂や金属で背面がウッドという構造ですが、これはそのです。

色々試行錯誤しているうちにやってみた結果なのですが、「3W」に関してはこれがハマった!

赤い木材は説明によるとローズウッドらしいです。本当かどうかはしりませんが(笑)まぁ音の見た目もナイスなのでそんなことはどうでもいい。

初代「3」は第1弾のなかでは低域がすこしだけ抑え目でボーカルにフューチャーしたイヤホンでしたが、今回の「3W」はそれをさらに強調させ、低域をより控えめにしてボーカルを際立たせた感じです。

後ろの金属筐体の響きと前のウッドの暖かみのある音が「エロさ」をかなり演出してくれました。
私は低域は絶対的に必要な人で、高域よりの低域スカってるイヤホンなんて聴けたもんじゃねぇ!ってタイプなのですが、「3W」は明らかに634earsの他のモデルと比べると低域が押さえられているのにあまり不満を感じません。

聴いていて「あぁ!これは低域が強かったらダメだな…ボーカルのエロさがでない」と納得しました。 まぁ低域を抑えたといっても私の基準なので普通くらい出てると思いますが。

今回の第2弾のウッドシリーズのなかで個人的にもっとも気に入っているモデルです。音も見た目もハマってしまった。
私が第1弾と第2弾で2つ選べといわれれば「初代6(ノーマル)」と「3W」でしょうか。(m34専用の4番系統は除く)

第1弾で「6」などアタック重視のイヤホンを選ばれた方は、第2弾では「3」のボーカルタイプが違う傾向という意味でオススメです。

特にアコースティック系のシンプルな音楽、ちょっとハスキーな女性ボーカルなどは相性がいいと思います。逆に熱いビートを必要とするものや音数の多い音楽はすこし苦手かもしれません。

→ 3Woodの商品ページはこちら

→ その他の商品ページはこちら

3w-view

PAGE TOP