買った、頂いた、試聴した・・・イヤホン色々

久しぶりに市販のイヤホンを買いました(笑)
自作してるとイヤホンって買わなくなるもんなんですよ。でも研究のためには、たまに外の世界を覗いてみないといけませんね。

【買ったイヤホン】

20150717-1

・Acoustune HS1001

20150717-4

名前すら知らないメーカーのイヤホンでしたが、ある方にオススメされて試聴してみたら「おぉ!これは…」ということですぐに買ってしまいました。

ダイナミック1発なんですが、ダイナミック型でこれほど高域がシャッキリ鮮明に出ているのは珍しいですね。よくあるダイナミック型では落ちてしまう1kHzあたりと10kHzがしっかりでている。測定して驚きました。

がっつりメリハリある元気系なのですこしウルサイ音ですが、解像度や高域の伸び、ボーカルなど申し分ないです。低域はそんなに強いわけではないですが、よくある高域よりのイヤホンのように出てないのではなく、ある程度しっかり出てます。ドンシャリと言ってもいいんではないでしょうか。

唯一残念なのはケーブルの癖がとれないこと。

・MUIX IX1000

買ってすぐにカフェで茶しながらバラしてしまいました。画像ないっす。すいません。背面の穴をダイヤル的なもので開け閉めでき、低音を調整できるイヤホンです。

3000円クラスにしてはやけに音が良い感じでした。今売れているのはこの手の音だと思います。ある程度カッチリしていて低域がしっかり出る。分かりやすい音ですね。中華系に多い気がしますが、この手のイヤホンをブラインドで聞けば下手をすれば1万以上のイヤホンと変わらないくらい良い音だとカン違いすることもあります。

これは音に関してはコスパいいなぁ。おすすめ。

 

【もらったイヤホン(ありがとうございます!)】

・FutureSonics G10

20150717-2

MG6PRO所持者としては気にならずにはいられないFutureSonicsの新しいイヤホン。

渋いっすねぇ!この業務用感がたまらねぇ。

ただ、音は地味ですねー。周波数を測定しましたが、高域ががっつり落ちてます。そして低域もそこまで主張しません。

…これは、あくまでステージモニター用のイヤホンですね。アーティストがステージ上で使うものだと理解しました。サイトの商品説明もなんとなくそんな感じです。

でも、そのせいなのか聴きやすいですね。なんか変な魅力はある(笑)

とても貴重なイヤホンです。昔からずっとお世話になっている変態紳士のKさんから頂きました。しっかり研究して634earsのイヤホン開発に役立てたいと思います。ありがとうございます。

 

【試聴したイヤホン】

神戸にある近所のミミソラオーディオさんにて試聴して「おっ!」と思ったものがありました。 →ミミソラオーディオさんはコチラ

20150717-3

・AEAR A-029(写真左)

ウッドとアルミ?かな。 ちょうどウッド筐体を使ったイヤホンを作っていたので余計に気になったのですが、かなりレベル高かったですね。値段は安いみたいですが、ウッドの広がりある響き方とアルミのシャープな音が両立している。高域も癖がなく程よく伸びて抜けもある。ケーブルとかは微妙ですが、値段と見た目以上に音を聴いて「おぉ!」となった。
最近はあまり聞いたことない中華系?のイヤホンはやたらとレベルが高い、そして安い。中には他のイヤホンの筐体を丸パクリしたものもありますが、侮れないっすね。

・SONOCORE COA1004(写真右)

前から気になっていて試聴せずだったのですが、これは個性的です。唯一無二ではないでしょうか。とにかく低域の量とアタックが強い。最低域の膨らみではなくアタックが強いです。かなりインパクトある。強烈。
ここ最近はあまり冒険をしたイヤホンが少なく、どれもそこそこ良い音だったりするんですが、これは大冒険してる音ですね。コレの前では自分が作っているイヤホンの個性は薄れるくらい強い。

————————————————————

試聴したものに関してはみなさんもご存知のイヤホン専門店で試聴機を端からずーーーっと順番に試聴していったのですが、「おぉ!」と思うものが少ない。カスタムっぽい数十万するイヤホンでもあまり印象に残らなかったです。つまらん… 結局試聴して印象に残るのは2,3機くらいですかねぇ。

昔と違って今はイヤホンの種類も出しているメーカーも値段も幅広く色々ありますが、決して値段で音の良し悪しは決まらないなーと改めて思いました。
例えば今回買ったHS1001とか音だけ(あくまで音だけ)なら、マルチBAドライバ積んだカスタムなんかと良い勝負するんじゃないすかね。下手すりゃ勝ってる。

選択肢が多いからこそ、自分の好みの音や聴くジャンルの音楽に合わせてイヤホンを選ぶのが楽しめるポイントかなーと思いました(笑)

PAGE TOP