理想の低音「強いだけ量が多いだけは興味ない」

こんにちは。低音大好きm34さんです。

低音が好きなのは普段から言っているのですが、たまにカン違いされていることもあるなーと思ったりします。

私は別に低音の量が多ければいいとか、強ければいいというわけではありません。

ただ低中高の音のバランスを低音寄りにしたり、低音を強めにしただけのチューニングにはまるで興味ありません。

もちろんある程度の低音の強さと量は必要としています。低音スカスカのイヤホンとか聴いてて何が楽しいのか意味不明です。(別に悪く言うわけではないのでそういうの好きな人は悪く思わないでくださいませ)

ですが、それだけでは満足してない。

私が個人的に重要としているのは

適度な膨らみと弾力、音の引きの早さ。全体を作る雰囲気と低音の響き …etc

これらを大切にしています。

まず、適度な膨らみというのはタイトすぎないことに似ているかもしれません。前のX5IIの記事でも少しふれましたが、あのDAPは低音がタイトすぎて嫌いでした。
よくオーディオレビューなどで低音が締まっていていいとか、タイトがいいという言葉を見かけますが、私は全然そう思いません。
少し緩めて膨らんでもらったほうが好みです
「ドンッ!ドンッ!ボンッ!ボンッ!」 ではなく「ドォン!ドォン!ボォム!ボォム!」のほうが好きです。

そして音がワイドに出っ放しの低音も嫌いです。いくら太く強い低音でも打ちっぱなしの大砲っぽい音は嫌いで、ちゃんと弾んで素早く戻ってくる低音が好み。
バスケットボールで体育館をダムダムつくときの弾む感じの弾力と音の引きの速さは似ているかもしれない。あまり弾力じみていても変ですが、適度な弾力があり引きが早いほうが好み。
逆に出だしは少しタメがあるような弾力性がほしい。

例を出して言うとゼンハイザーのIE80なんかは個人的に出しっぱなしジャーマン的な低音で量は多いが、弾力と音の引きが足りない。 …なかなかうまく表現できん(笑)

そして全体を作る雰囲気。低音が無いと全体が軽くどっしりとした重厚な雰囲気が無い。高域が響くものなどはそれで空間をうまく作っているものがあるが、それでも低音がないと薄っぺらい。
特に最低域と言われる重低音の域と、少し中域にかかるような中低域の2つが適度に出ていると雰囲気があり響くと感じます
この2つがあると音が篭もって聞こえたり、特に中低域が出すぎているとボーカル帯と被ってモワッと聞こえたりするので、ある程度のバランスは必要ですが、個人的には少し篭もるくらいのほうが雰囲気があって好きだったりする。

 

自作するときもこれらの要素は個人的には大事にしてます。
なので私の作るイヤホンは低音がすげー強いんだとか量が多くてすごく出てるんだと思ってる人は「あ、そうでもない。でてるけど驚くほどじゃない」とか感じたりするかもしれない(笑)

大事なのは質。
低音が強いだけのイヤホンなんてマルチBA積んで低音だけ多くでるようなバランスにチューニングすりゃあいい。 けど、私はそうじゃない。ダイナミックでも低音だけ出すのなんて簡単なことだ。でもしない。したくない。

あとこれは余談になりますが、正直なところBA型で満足いく低域だしてたのは今まであまり聴いたことないっすね。専門店で片っ端から試聴してもまるで印象にのこらん。
低音に関しては3000円程度のダイナミック型イヤホンのほうがよっぽど質が良く感じることがあります。私は(笑) ←これを付け加えてないと方々からえらい突っ込まれるからなw

 

…たまにはこういう音について書くのも悪くない。
同じように感じている人や好みが似ている人がいてくれると嬉しいっすね。

クリアすぎるのダメ、解像度高すぎて音が浮き出るようなのも違和感、低域がタイトすぎてもダメ、低域の量が多いだけでも強いだけでもダメ …最近人気があるイヤホンやオーディオ機器とは逆をいってるな… まぁ奥深い味わいや風情があるほうが良いショ。分かる人にだけ分かればいい。そんな気持でやっとります…ハイ(笑)

PAGE TOP